Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“マクロ”から“ミクロ”へ 『機動戦士ガンダムOO』所感 その2
昨日、『ガンダムOO』をようやく現在放送分まで観終わりました。
その結果、これからの展開を担いそうなキャラ、この作品が描こうとしているテーマの一つらしきものが、薄ぼんやりとですが見えてきたような気がします。
なので、今回は、この作品のテーマ予測とこれからの展開予測を、そのキーになりそうなキャラに焦点を当ててやっていきたいと思います。



機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
(2008/01/25)
宮野真守

商品詳細を見る


機動戦士ガンダムSEED 1機動戦士ガンダムSEED 1
(2003/03/28)
保志総一朗、三石琴乃 他

商品詳細を見る


本文は下の「READ MORE」よりどうぞ。

[READ MORE...]
スポンサーサイト
『ガンダムOO』 所感
各所で話題の『ガンダムOO』、先週辺りから録り溜めしていたのを一気に観て、昨日で一クール(13話)まで観終わりました。

観た感想を一言で表すと「サ、サンライズは本気だ!」でしょうかね(^-^;)。
サンライズさん、本気で「全ての日本人に“戦争”について考えさせてやる!」と思ってるんじゃないか、と『OO』観て感じましたよ!

というのも、この『OO』、ものの見事に前シリーズの『SEED』と合わせ鏡になって、お互いをしっかり補完し合ってる印象を持ちました。
“戦争の根絶”という『SEED』と共通のテーマを、『SEED』とは全く別ベクトルから掘り下げている感じです。
『SEED』が、“戦争の根絶”という素材を、「ガンダムらしさ」とか「低年齢層や女性層にもとっつきやすいストーリー」とかの調味料で味付けした作品なら、この『OO』は「徹底したリアリティ」というピリ辛スパイスで味付けしたようなものです。
そして、とっつきやすいSEEDでこのテーマについて考え始めた広い年齢層の人たちが、同じシリーズであるこの『OO』を見て、今度はもっと深く戦争について考えるわけです。
これは、相当数の人が、この日本で普通に生きていればリアリティを持って考えることは無いだろう“戦争”について、何かしらの考えを持つようになるのではないでしょうか。
そして、僕は、これこそがサンライズの狙いと見ています。
それ故に、「サンライズさんは、“ガンダム”というブランドを使って日本人に戦争を考えさせる事に、本気だな!」と。

また、そういうテーマとか難しいことを考えなくても、前シリーズ『SEED』と対比させてみるとより今作を楽しめるようになっている構造なのは確かでしょうね。
例えば、主人公が属する集団の「世界中の紛争への武力介入」。これ、SEEDでも主人公のキラたちがやっていたことですし。
そして、SEEDではわかりやすい物語を目指していたが故に演出上見えにくかった、この「紛争への武力介入」の“メリット”と“デメリット”が、『OO』の第一クールでは深くかつ明確に描かれていました。
序盤では、刹那君たちが所属するソレスタルビーイングは、世界中の人たちから白い目で見られヒロインのマリナ女王からも否定されテロのような無差別殺戮も誘発してしまった(以上、デメリット)けれど、後半ではその介入行動により実際に内戦が沈静化し以前に彼らを否定したマリナ女王もそれによって救われた(以上、メリット)、といった感じですね。
こんな感じで、このシリーズを観た後SEEDを観直してみるとよりSEEDが面白くなりそうですし、逆にSEEDを観た事無い人はSEEDを観てからOOをもう一度観るとまた新たな発見がありそうです。
何か、新旧ファンに親切な、建設的なシリーズ構成だな、と思いました。好感が持てていい感じです(^-^)。

と言うわけで、ガンダムファンとして、SEEDファンとして、この『OO』も最後まで観続けるつもりです。
何か、本作は二クールずつの二部構成のようなのですが、第二部も待ちます!
さて、第二クールはどんなお話が展開するのかな♪次観るのは来週の土日になりそうですが、今から楽しみです(^-^)。

機動戦士ガンダム00 (1)機動戦士ガンダム00 (1)
(2008/01/25)
宮野真守

商品詳細を見る

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションⅢ・Ⅳ ピコ感想

今日(正確には昨日?)になって始めて、今日がスペシャルエディションⅣの放送日だということに気付き、慌ててレンタルショップでⅢも借りて一気に観ました。

DESTINY本編の感想はもう散々何回も書いているので、今回はスペシャルエディションを観て改めて思った事を幾つか簡単に箇条書きにする程度の簡易感想でいきたいと思います。


・前半のアスラン、改めて見てみると本当言ってることがメチャクチャなのに気付く。本来はカガリを傍にいて守るべきなのにザフトに入隊し、その挙句「戦場に出てくるくらいならまず条約を何とかしろ!!」と上から無理難題を仰る。これは、キラもキレてサイコロステーキにするのは当たり前。シンに対しても、ステラを逃がした件では「彼女は逃がさなかった方が(つまりそのまま死ぬのを黙って見てた方が)よかったのかも知れない」など言っておきながら、いざキラが敵と認定されると「あいつは敵じゃない!!」と取り乱して喚くばかり。これじゃあシンから軽蔑されるのも無理はないだろう。
※追記:あいばさんの記事を読んで、「もしかしたらスタッフはわざとこう書いたのかも」という可能性に思い至りました。なんで、上記の文章に肯定・否定のニュアンスは、今のところは込めないでおきます。

・後半のアスランのシンに対する説得は本当に抽象的な表現ばかり使うのでわかりにくい。ハッキリ言って、「シン、やめろ!!お前は本当は何がしたいんだ!!」そればかり繰り返しているようにしか聞こえない。冷静に見ているこっちですら何を言っているのかサッパリなのだから、当事者のシンはもっとサッパリだっただろう。そして、もしアスランがきちんとシンを説得できていれば、おそらくシンはレイを裏切れないだろうから最終的な位置関係は変わらなかっただろうが、シンはもっとハッキリと自分の考えをまとめて最終決戦に臨め、結果としてシンというキャラの『主人公だがラスボス』という特異なポジショニングももっと際立っただろう。そう考えると、これは本当に痛い。追記:上記と同じようにあいばさんの文章を読んで考えがかわりました。とりあえず、このことについても肯定か否定かは保留ということで。

・Ⅲのエンディングの三人の位置関係。アスランを中心にシンとキラが両サイド。なんかこれが三人の主人公の最適な位置関係として一番しっくりくると思う。

・結局、DESTINYの主人公について批判意見が多いのは、製作スタッフが三人の主人公の中で中心に添えるべき人物を間違ったことが大きな原因ではないかと思う。また、当の中心的主人公であるアスランの描写にかなり手間取っているとチラ見でもハッキリわかる有様なのも痛い。アスランはもうちょっと、前大戦での教訓を活かしてシンやキラを導いて欲しかったし、そうあるべきだったのではないかと思う。実際に描かれた彼の姿は、ハッキリ言って前作と同じことをただ繰り返しているだけにしか見えない。それならば、流石に視聴者も飽きて離れるのも仕方ない。追記:このことも、考えが変わったので保留で。

・更に追記:結局、シンだのキラだのを三主人公の中心に置いてしまったのが、スタッフさんたちが意図したらしきことが視聴者に伝わらずに大きな誤解を招き、結果むやみやたらと誹謗中傷を行う者に付け入る隙を与えた大きな要因の一つではないかと思う。
三主人公が並立する物語だというのなら、中心にいるべきは紛れも無く三人の中では最も中庸の位置に近いアスランであり、タイトルバックもジャスティスあたりにすべきだったろう。
もっとも、商業的な面から見ると、一番アピールすべきは子供心を掴みやすいフリーダムだったのだろうから、あのタイトルバックは「スポンサーの圧力だった」とも考えられる。
ただ、もしそれが正しいとすれば、これは外圧に屈するべき事柄だったのかと言われると微妙だ。
スタッフさんたちが作品の質をワンランク落とした、という結論が正しい可能性は高いかもしれない。


・かねてからずっと思っていたことだが、オーブ防衛戦の際にアークエンジェルがジブリールに対して何らアクションを取れなかったのはおかしいと思う。少なくとも、そういう姿勢くらい見せてくれれば、ラクスを根拠無く悪者と看做すような視聴者の数も大分減ったろうに。

・デュランダルの『デスティニープラン』、こんな穴だらけのプランに果たして世界中からの賛同が得られるのかとかつては思ったものだったが、今考えてみると、僅か三年の間に民間人の死傷者がダントツで過去最高を記録するような世界大戦を二度も味わった作中世界では、例え何を代価としても「戦争の無い世界」はさぞ魅力的に聞こえることだろう。

・なのだから、このプランの存在をラクスが知る過程とか、作中世界と視聴者のいる現実世界の温度差とか、そういうものをもっときっちり描写して欲しかった。それがあるだけでも、この作品に対する評価は大分違ったものとなっただろう。

・軍事力では少なくない差があっただろうラクスの軍がザフトに勝利できたのは、キラとアスランが強すぎるからとかそいういうこと以上に、議長がプラントを数基も破壊したレクイエムを使用したためザフトの士気が下がってしまった事、その上相手がラクスだったためラクスの説得に耳を貸す部隊も(ジュール隊のように)少なからずいた事、そこら辺が大きな要因なのではないかな、と今回を観て思った。実際、シンとルナの士気は確実に下がっていたし、そうでなければキラやアスランはもっと苦戦していただろう。

・そして、できればそういうこともちゃんと描写してほしい。あれじゃあ「ラクスやキラが主人公だから勝てました~」と言ってるようなもんで、年齢層高めのファンも少なからず観ていることが確実であるガンダムシリーズでそれをやるのは視聴者に喧嘩を売っているとしか思えない。

・スペシャルエディションにしてあそこまでバンクや意味不明な回想の挿入が多いのは、もはや異常であるとまで思ってしまう。毎週放送のアニメの製作スケジュールが過密であるのはわかるが、あれは最早そんなレベルではない気がする。ましてや、今作はシリーズものの二作目であり、同様のことが言われた前作の反省点を生かして改善されて然るべきなのだ。それが改悪されているというのは、最早言い訳は出来ないだろう。前作が大ヒットしたのなら尚更だ。

・今回のスペシャルエディションを観て思ったのは、「この作品に対する批判には謂れの無い誹謗中傷も確かに多いが、作品の出来がハッキリ言って“雑”なのは否定できないな」ということ。この作品、ストーリーはこのままでももっと良くすることはいくらでも出来たと思う(アニメ製作の過密スケジュールだとかそういうことを考慮に入れても、尚)。次回作は映画らしいが、今度こそ丁寧に作り込まれた、内容だけでなく見た目も上質なコズミックイラ作品を作って欲しいと、切に願う。


※追記
Wings of Freedom』の記事を見てちょっと自分の意見を推敲した結果、思った事。
僕の見解として、「『SEED DESTINY』はストーリーなどは悪くないが、灰汁が強く、作りに雑な所も目立つ」というのはほぼ決定だと思います。
ただし、もうちょっと考えてみると、この「一作目に比べると灰汁が強かったり雑だったり」は、もしかしたら『二作目の宿命』かとも思ったり。
日本を代表するゲームシリーズである『マリオ』も『ドラクエ』も『FF』も、二作目は雑(ファミコンのドラクエⅡは難易度調整に手を抜いたためゲームバランスが悪い)だったり灰汁が強かったり(マリオ2は始めから上級者を対象として作られ、FFⅡはシステムがあまりに斬新なものであった)しましたし。
そして、それらの作品の第三作目がどのようなものだったのかは、今更ここに書くまでも無いですね。
なので、SEEDシリーズも、今回数多寄せられた批判意見をバネとしてより善い作品へと成長を遂げれば、「全て良し」かなぁ、と。
まあつまり・・・・。
『ガンダムユニコーン』のアニメ化は時期尚早だと言いたいわけです!!せめてもう一度、コズミックイラにチャンスを、と!!!ついでに、「宇宙世紀作品はもういいじゃん」という僕の本音も付け加えておきます(^-^;)。










機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編  自由の代償
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償
ガンダム
バンダイビジュアル


『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER STAGE-3』 ピコ感想

早速観ました。最後まで面白かった~(^-^。
ただ、視聴直後の感想としては、やっぱり「ちょっと時間足りないなぁ」というのが正直なところでしょうかね。例えるならば、「味は一級品なんだけど、ボリュームがちょっと足りない料理」みたいなもんでしょうか。
最終話、あと十五分は欲しかったなぁ。まあ、今回の二度にわたる配信開始日延長などを見るに、製作陣サイドもかなりギリギリっぽかったのでこればっかりは仕方が無いのでしょうが。あと、明らかに絵のクオリティが一部落ちてる感じなのも、上記の事情が見え隠れする以上仕方無いっちゃ仕方無いんでしょうけど、ちょっと残念だったかな。

では、ネタバレ防止のため、本文へは「READ MORE」にてどうぞ~。








機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER

バンダイビジュアル



[READ MORE...]
『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER STAGE-2』 ピコ感想
今回も、本当に素晴らしい一作でした!
今回は「ある事件における出来事をただそのまま俯瞰的視点から見下ろした」感じだった前回とは対照的に、これでもかとばかりにドラマ的な対比構造が盛り込まれたお話でした。もちろん、前回同様15分を過不足無くフルに利用した濃厚なドラマはそのままに。ええ、ドラマに派手さができた分、ドラマの濃さは「あれ以上パワーアップする余地があったんか」だった前回よりも明らかにパワーアップしています。
本当、スタッフさんたちの手腕にはあたまが下がるばかりです。

この作品、映像作品としてかなりハイレベルな作品ですので、皆様にもれなくお奨めです!
第一話の配信は既に終わってしまっていますが、まだこの『スターゲイザー』を観ていないという人は、是非DVDでチェックしてください(^-^。

では、ここからはいつも通りネタバレ感想です。大丈夫な方のみ「READ MORE」にて本文へ。


機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER


機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER







[READ MORE...]
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションⅡ-それぞれの剣-』 一口感想
今回は見逃しませんでした、スペシャルエディション第二段です。ここで話題が出なければ完全に見逃してましたが(^-^;。ふぅ、危ない危ない。

今回は「アークエンジェルのカガリ誘拐~クレタ沖の戦闘」まででしたね。
ここら辺は、今回のスペシャルエディションのサブタイトルにもある通り、各キャラそれぞれの“正義”が最も錯綜し、そしてそのどれもが相対化されて『単なる一方からの視点の正義』に堕とされてしまう展開が続く時期であり、それ故「キャラに感情移入できない」とか「キャラが幼稚で身勝手な理論を喚き散らしているだけで腹が立つ」などとこの作品が叩かれ始めた時期でもありましたね、確か。
でも、この作品が一通り終わった今改めてこの辺の展開を眺めてみると、なるほど、確かにキラやアスランたちのセリフには「それは違うだろ!」みたいなツッコミ所は無数に見出せますが、それでも僕は、「この時の彼らなら、やっぱこう考えてしまうのも仕方が無いよな」とか「これも彼らが前に進むためには通らねばならない道だったんだな」と思えます。
今回のメインキャラたちの描写は、「人間は皆一人一人違った立場に立っていて、だから目指す道が同じでも、分かり合えなかったり、争ったりしてしまう」という人間の本質、そしてそこから連なるこの作品のメインテーマの一つである『和解と相互理解』を、上手く描いていると思えます。

今回のスペシャルエディションを観て感じた事を一つ。
やっぱり、SEED DESTINYは、作品としての完成度自体は決して低いものではないと思います。ただ、お話やキャラの心理的推移があまりにも複雑過ぎて、一話一話を手探りで追っていくと途中で何が何やらわからなくなってしまいがちなだけで。実際、小説版や今回のようなスペシャルエディションなど、作品の概要を大まかに把握した上で作品全体を広く俯瞰的に眺めると、それほどの破綻も矛盾も見えてはこないです。むしろ、「つくづく深い作品だよな~」と感激することしきり。
物語の複雑さは、今回収録話以降益々混迷を深めて行きますが、そこら辺も小説版では上手くフォローできていたので、映像作品としての決定版であるこのスペシャルエディションがどう纏めてくれるのか、この調子ならば期待はかなり大きく持てそうです(^-^。

では、最後に気になったことを少し。
遭難したシンとステラを助けに来るのが、アスランからルナに変更されましたね。これはやはり、後のシンをめぐる女性関係が故の変更と見るべきでしょうか。とくれば、次回の第三弾では、もしかしたらルナ-ステラ間に新規のイベントの一つくらいはあるかもしれませんね。楽しみです。
あと、これはちょっと首を傾げたシーンですが・・・。ミリィが最初からアークエンジェルにいることになってるのはいいんですけど、だとするとダーダネルス海峡での戦闘の後、ミリィが私服で街をうろついているのはかなり変になってしまう気が・・・。う~ん、ミリィとアスランがバッタリ会うシーンはカットして、アークエンジェルにはアスランが自力で連絡を入れたことにするかそもそもその点は触れずにスルーしてもよかったんじゃ、と思うんですがね。この部分は、今回の数少ない残念な部分の一つだったり。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣


機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣





『機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-』ピコ感想
遅まきながら、今日ようやく視聴できました。クレジットカードって今まで使った事無かったんで、色々要領がわからなくって戸惑ったけれど、いい勉強になったと思います、うん。

まだ本編を観てない人もいると思うので、感想本文は「READ MORE」の下にさげておきます。

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER


機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER






[READ MORE...]


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。