Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版『Fate』22話 プチ感想
皆様、こんばんわ。まず本文に入る前に、前回のFate感想について一つ訂正です。前回の感想、話数が一つ間違っていました。今回はご存知の通り、22話の感想になります。
因みに、前回の感想の話数は、きちんと正しいものに訂正しておきます。


にしても、うん、やっぱり『Fate』は“美しい”物語です(>_<!士郎の在り方、セイバーの在り方、そしてお互いの関係性。全てが儚く、そして故に美しいっ!
奈須きのこ先生の作品の魅力は、作品の根底に流れる奈須先生の美意識を反映した、儚さを基調とした“美しさ”と、それを表現する流麗な文章にあると、僕は考えます。そして、今回、このアニメ版でも、しっかりとこの作品の根底に流れる“美しさ”を表現してくれましたね。特別な演出こそ無かったですが、BGMと、士郎とセイバーを演じた声優さんの熱演が、しっかりとこの作品の根底に流れる“美しさ”を体現していました。

そして、今回の目玉シーン、アニメオリジナル(とは言え、原作ではシーンが省略されていた、というだけの話ですが)の『ランサーVSギルガメッシュ』も、中々良かったです。
勝負自体はアッサリついてしまいましたが、それがかえってギル様の宝具“ゲートオブバビロン”の強さを引き立てていました。ギル様の場合、対戦相手は大抵主要キャラなので、宝具を放っても相手は主人公補正(^-^;)によって大概生き残ってしまいますから。たまにはこういう風に、キャスターみたく一方的にではなく、真正面から瞬殺されるキャラも必要ですね。
そして、最後にランサーにトドメを刺した宝具が“カラドボルグ”であったのもかなりニクイ演出です。原作未読者のために解説しますと、クーフーリン(=ランサー)は、ある条件ではこの武具に必ず敗れなければならないというゲッシュ(誓い)が科せられているのです。それをわざわざトドメに使うギルガメッシュの皮肉たっぷりのプレゼント、ということで、原作をプレイした人へのサービスであると同時に、ギルガメッシュの残虐さ・非道さをいい感じでアピールしていて、彼との戦いとなる次回へ向けて視聴者のテンションを上げるいい策になっていたと思いました。
そして、今回のギルガメッシュの“カラドボルグ”使用シーンは、同じくカラドボルグを愛用(14話参照)し、そして同じく『アーチャー』の名を冠するあの白髪の青年(真名はあえてここでは伏せる方向で。興味のある方は、是非原作をプレイしてくださいね)との意外で奇妙な因縁をも暗に象徴している気もして、密かにニヤリとさせられました。まあ、ここら辺、ギル登場話でもっと「彼がアーチャーであること」をアピっていればもっと深みも出たのに、というちょっと残念な気も、しないでもないですが。

にしても、やっぱりサーヴァントの戦闘、悪くは無いんですが、今週の『ハルヒ』の人外バトルに比べると、やっぱりどうにも見劣りの感は否めないですなぁ・・・。
あと、クライマックスバトルにおいて“聖杯”を原作通りの設定にするのなら、聖杯について詳しそうな素振りを見せながらもイリヤを素通りして桜を狙ったキャスターの行動が思い切り意味不明になってしまいますが・・・。う~ん、ここら辺、どうなるんでしょう。まあ、多分誰も覚えてないでしょうし、スルーしても僕としては構いませんけど。


Fate/stay night 1 (初回限定版)


Fate/stay night 1 (初回限定版)





スポンサーサイト


カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。