Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラマンメビウス』にみる“等身大なヒーロー”の現代におけるあるべき姿について

ここ最近の『ウルトラマンメビウス』の面白さが異常です(>_<!!


などと、いつぞやの日記と同じ出だしで始めてみちゃったわけですが(^-^;)、『メビウス』がここ最近は本当に面白いですよ。実は僕、前作の『マックス』も何話か観たんですけど、それやメビウスの序盤などとは比べ物にならないくらい作品にノれてます。
んで、なんでここまで最近の『メビウス』が面白く感じられるのかな?とちょっと考えてみたんです。すると、その大きな原因が、『メビウス』におけるウルトラマン像が視聴者にとって非常に親しみやすいものとなっているからなのではないかな、と思い至りました。

『ウルトラマン』というのは元々、子供たちにもわかりやすいヒーローとして、「人を超えた、人とは別格の、神のような存在」というコンセプトで生まれたものらしいです。ですが、やはり子供たちにもっと親しみを持ってもらうため、「等身大の人間のような要素を持つウルトラマン」というコンセプトの作品作りは、結構昔から行われてきたものだとか。
確かに、ざっと思い出すだけでも、例えば『ウルトラセブン』はモロボシダンがウルトラマンとして宇宙人と話し合うシーンも多かったような気もしますし、『帰ってきたウルトラマン』でのウルトラマンに変身する青年が周囲との軋轢に悩みまくるシーンはやたら記憶に鮮明です。
ですが、そのいずれも、この『メビウス』ほどウルトラマンに親しみを感じる事はありませんでした。それは何故か。
それは、かつての「等身大なヒーローとしてのウルトラマン」が、「孤独に悩み、苦しむ様」を“人間らしさ”として前面に押し出したのに対し、今度の『メビウス』は逆に「仲間と話し合い、対話によって問題を解決していく様」を“人間らしさ”として前面におしだしていたからなのでは、と僕は考えます。


ウルトラマンに限らず、昔のヒーローは「人間臭さを出すため」ということで、周囲に自らの正体を明かせないことの孤独、そしてそこから来る苦悩を描写するのが定番でしたね。そうすることで、「ヒーローも悩み、苦しむんだよ」と視聴者にアピールし、同じく悩み苦しみながら毎日を乗り越えている視聴者たち一般人に共感を持たせようとしたのでしょう。
しかし、よく考えてみると、実際にこの世の中で成功している人、幸せになっている人は、孤独に悩んだりしない事に気付きます。実際に幸せを手に掴んだ人は、仲間に恵まれ、彼らと力を合わせてきたからこそ、有形無形に関わらず本当に望むものを手にできたはずです。
故に、もうちょっと考えてみると、一昔前のステレオタイプだった「孤独に悩み、苦しむヒーロー」は、実は子供たちの憧れの対象として、あまり相応しくないのでは?とも思えてしまいます。
何しろ、彼らを真似して突き進んで行っても、ヒーローのような超人的な力を持ち得ぬ我々に待っているのは破滅への道でしょうから。そのような「決して届かぬ完全な偶像」を憧れとして子供たちに宛がうのは、どこか不健康であるかのような感じさえしてしまいます。


人はコミュニケーションの動物です。そしてコミュニケーションとはギブ&テイク。こちらが腹を割って話さない限り、向こうもこちらの想いを理解してはくれないものです。
そして、人はコミュニケーションによってしか、何かを生み出せないものです。コミュニケーションを止めてしまっては、そこに待っているのは『停滞』でしかないでしょう。


しかし、ウルトラマンシリーズは、この「孤独なヒーロー像」を今まで堅持してきました。確かにウルトラ兄弟という仲間はいたでしょうが、それは基本的に「外部からの助っ人」なのであり、作中の舞台である地球の内部に、彼の正体を知り、その上で困った時に何でも相談し合える「内部における仲間」の存在はありませんでした。正体バレはいつも最終回かその直前であり、作中で自らの進退に関する重要な問題が発生した時も、大概においてヒーローは自らの力だけでその問題を解決せねばなりませんでした。
この要素は常に表面化していたわけではなかったのでしょうが、僕が常々、平成ライダーシリーズに比べてウルトラシリーズが(対象年齢とか関係無く作品そのものの質として)「遅れているなぁ・・」と思っていたことと、このことは無関係では無かったと今なら思えます。
仮面ライダーシリーズにおいては、もう六年も前、『クウガ』で既に、「孤独なヒーロー」からの脱却に成功していたわけですから。そしてその後も、「ヒーロー(あるいは怪人)とそれ以外の一般人のコミュニケーション」は、シリーズを通じて何度も丁寧に描かれてきた要素ですから。
このことが、一方では仮面ライダーシリーズに「子供番組の枠を超えたリアリティ」を持たせ、一方ではウルトラシリーズを「所詮は子供だましな感が否めない作品」に留まらせてしまっていた(あくまで僕の主観ですが)、大きな要因ではないでしょうか。


ですが、ここに来て遂に、待望の「地球人と腹を割って対等にコミュニケーションができるウルトラマン」が誕生しました。
先週も今週も、時には立ち位置の違いから地球人の仲間たちと意見を違えながらも、それでも話し合いを続け、そしてメビウスは着実に問題を解決していきました。
そして、ここ数話の『メビウス』には、今までのウルトラシリーズにはない「リアリティ」の存在を強く感じました。話の内容が特に難しくなったわけではない、むしろいずれも単純な子供番組の王道的物語だったにも関わらず、です。


人は、一人で問題を解決することなどできません。特定の人物に都合よく描かれた“物語”などではない、万人に平等な“現実”においては、如何に超人的な能力や精神力を持とうとも、仲間とのコミュニケーション無しで何かを成し遂げる事は不可能なのです。
故に、これからの「子供たちの憧れとしてのヒーロー像」のあるべき姿とは、「一般人の仲間を作り、彼らを大切にし、有事に際しては彼らに相談しそこから打開策を見出していくヒーロー」こそが相応しいのではないか、と僕は考えます。
そして、ここ最近の『ウルトラマンメビウス』におけるウルトラマンは、正にそういった存在に変貌を遂げました。同時に、お話に今までのウルトラシリーズに欠けていた「深み」のようなものが加わったように感じます。
15年前、ウルトラマンたちに憧れた一人の子供として、これをきっかけに『ウルトラマン』という作品が更に質の高いものに進化してゆくことを、切に願います。


・余談その一
次回の『メビウス』はウルトラマンレオ登場みたいですね(^-^。次回は、今日みたいな難しいことは考えず、ミーハーな気分で新旧ヒーローの共演を楽しもうかと思ってます。
とは言え、『レオ』はレンタルビデオでも一話も見たことが無いのですが・・(^-^;。


・余談その二
上ではああ言ってますが、最近第五シーズンをレンタルで観てる『24』の「孤独なヒーロー」であるジャック・バウアーも、メチャかっこよくて好きです。
思うに、「自分は絶対なりたくないけど、傍からみるとカッコイイし燃える!!」という“大人の娯楽”として、「孤独なヒーロー」は永遠に生き続けていくのだろうしそうあるべきなんだろうなぁ、なんてことをちょっと思ったり。








ウルトラマンメビウス Volume 1
ウルトラマンメビウス Volume 1
五十嵐隼士
バンダイビジュアル


スポンサーサイト
治ったぁぁーー(;>_<;!!
ああ、安眠できることの素晴らしさよ!!(激感涙)
健康ってやっぱり何物にも代え難いです。

繰り返しますが、皆様も、健康にはどうか気を付けて。
地獄は超えた・・・か?

え~、一昨日からずっと、高熱と吐き気その他諸々の症状で苦しんでいました、ごぜんです。


ここ数年間でも何度か微熱したことはありますが、三十八度を超えるような高熱は本当久しぶりで、その上吐き気や下痢なんかも伴っちゃうような酷い症状は今回が初めてじゃないでしょうか。
その上、それらが一日で何とか収まったと思ったら、今度は肩が凝って痛い痛い!もう、寝て回復どころの話じゃありません。寝ようとすると吐き気やら肩痛やらが絶え間なく襲ってきて、余計体力を消耗します。起きてても辛いが、寝る事もできない。食欲なんてあるはず無い。『楽』という言葉とは一切無縁の、本当地獄の48時間でしたよ、この二日間は。


というわけで、もしかしたら明日とかも、ブログの更新はできないかもしれません。吐き気や下痢は既に治まり、肩の痛みも大分楽になってはいますが、まだまだ万全の状態からは程遠いので。


最近体調管理を怠っていたので、原因はまずこれでしょう。
季節は、一気に冬へと向かっています。
皆様も、どうか体調管理にはお気を付けて。一端体調を崩すと、マジでシャレじゃ済みませんので。


OVA『BALDR FORCE EXE RESOLUTION』 プチ感想

二次創作小説を書いてる者として、やっぱりこれ観たら感想書かにゃダメでしょう!!
ということで、OVA版バルドフォース、幸運にも視聴する機会に恵まれたので、早速感想いきたいと思います(^-^!!

無論、未視聴かつ視聴予定のある方のために、本文は「READ MORE」の下にさげときます。
ネタバレしない一口感想としては、声優さんが全然ゲームと違ったりキャラの造型が一部全然だったり(特にリャンは、ファンの方怒るんだろうなぁ^-^;)しますが、ゲームでは描写がほぼ文章と一枚絵のみだったネット世界の特殊な世界観が動画で再現されてて新鮮だったり、ストーリーも一話を見る限りでは原作未プレイ者にもわかりやすくまとめられている感じだったりで、まあ興味のある人は、近くのレンタル店にあるようでしたら観てもいいんじゃないでしょうか。

BALDR FORCE EXE RESOLUTION 01 / 原ゆみ子、山崎秀樹 他








バルドフォース エグゼ
バルドフォース エグゼ
PlayStation2
アルケミスト


[READ MORE...]
映画『デスノート後編』感想!! と、いきたいところですが・・・

いきたいところなんですが!!

・・・誰か、教えてください!!クライマックスのあの矛盾点の答を!!
それがなければ、なんかまともな感想を書くのは精神的に無理っぽいです・・・。

因みに、記事の性質上、既に映画を観た人だけ「READ MORE」にて本文へ。激ネタバレですので、未見の方は、お願いですから絶対、決して、何があっても見ないでください!!



[READ MORE...]
『武装錬金』第六話 アニメプチ感想

スタッフさん、グッジョブ(>_<!!!


いや~、いいもん見せてもらいました(^-^。今回の蝶野周りの描写は、正に『秀逸』の一言!!
彼の歪んだバックボーン、それ故の彼の狂気は、次郎が蝶野を滅多打ちにするシーンを追加した事で陰惨さアップ!カズキでなくとも思わず蝶野に同情です。
そして、何よりも、パピヨンの変態描写が蝶・サイコー!!!彼の格好と昆虫の変態をかけたギャグ!!やばいカメラアングルの連発!!股間からマスクを取り出すシーンも動画になってヤバさ大幅アップ!!!
スタッフさん、本当に貴方たちは素晴らしいっ(;>_<;!!
公共電波を使ったメディア故、折角のこの作品の醍醐味である変態表現が抑えられてしまわないかと少しドキドキしたものですが、それは取り越し苦労に終わってくれたみたいです。ヨカッタヨカッタ(^-^。


また、今回は出番少なかったですが、斗貴子さん周りもかなりグーでした。
ちゃんと志々雄斗貴子やってくれたのは非常に嬉しかったですし、ラストのカズキを膝枕するクライマックスは幻想的で美しいシーンに仕上がったと思ってます。


ただ、カズキ周りの描写は少々不満が。
まず、前回も書きましたが、ダメージを受けている割には外見にそれといった変化が無いので、カズキがどれほど無理をしているのかがわかりにくかったです。最後力を限界まで使い果たし、解毒剤を斗貴子さんに届ける事ができず倒れるシーンも、今一カズキに共感して燃えることができませんでした。あれ、せめて頭から血を流してさえいれば、それだけでも本当大分変わったと思うんですがね・・・。
あと、蝶野を倒した攻撃がサンライトの特性を使った突進ではなくただの突撃だったり、斗貴子さんを助けられなかったと思い込んで絶望に打ちひしがれるシーンで斗貴子さんの姿を思い浮かべなかったりと、原作であった、そして別に時間の尺を取るわけではない秀逸な表現を数多く削っているのも気になりました。
いや、ここまで蝶野や斗貴子さんを丁寧に描写してくださるアニメスタッフさんたちの仕事ですから、多分それなりの事情はあるんでしょうけど、でもやっぱりちょっと残念です。
やはり、この『武装錬金』の主役はカズキであり、蝶野や斗貴子さんもカズキがしっかりと機能してこそ本来の輝きを放つものである、と思うので。
カズキをきちんと描けずして、このアニメの本当の成功は無いでしょう。次回以降、期待したいところです。


それにしても、ここら辺のストーリー展開は、本当何度見返しても燃えます(^-^。
特に、カズキの「すまない」から蝶野の「謝るなよ」の流れは、和月節全開というか、『るろ剣』以来のファンには特別燃えるものがあります。勧善懲悪もいいですが、絶対的な善悪が無いが故のこういった人生哲学の鬩ぎ合いみたいなものも、また良しです。
そして、和月先生のその描写は、本当に秀逸ですね。これ系の展開で和月先生の右に出る人が果たして日本に何人いるか・・・。原作の時も、この一連の展開のおかげで「この作品を最後まで追いかけよう」と思ったものです。
アイラブ和月漫画!!!










武装錬金 2 (2)
武装錬金 2 (2)
和月 伸宏
集英社




・連絡
今月は、ちょっと思うところがあって、更新頻度を下げようと思います。『バルG』とこの『武装錬金プチ感想』以外は、あんまり書かない予定です。
あしからず。


 


創作小説『バルドフォースG』第二十七章

前回「掲載ペースをアップさせる」と言った割には、あんまりスピードアップしてませんね(^-^;。すいません、先週は珍しく忙しかったもので。

んで、今週も実はあまり暇とは言えないのですが、この『バルG』も、原作既プレイ者はご存知かと思われますが、残りあと僅か。チャンスを逃さず、一話一話確実に進めていきたいと思います。

では、いつも通り「READ MORE」にて本文へ。








バルドフォース エグゼ
バルドフォース エグゼ
PlayStation2
アルケミスト









HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ゼータガンダム MSZ-006
HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ゼータガンダム MSZ-006
バンダイ

※今回出てくるMS“デスサイズ・ヘル”は、テレビ版『ガンダムW』に登場するものではなく、劇場作品『エンドレスワルツ』に登場するバージョンをモデルにしています。


[READ MORE...]
僕も15年前はウルトラ戦士たちに憧れたちびっ子の一人でした

ここ最近の『ウルトラマンメビウス』の面白さが異常です!!

『メビウス』は序盤を数話、第10話前後の二人目のウルトラマンのお話を数話まとめて観た以外は、たまに放送時間が暇だった日とかにちょろっと観るくらいだったんですが・・・。
先週、やはり放送時間が丁度暇だったんで久しぶりに観てみたら、展開が超どエライ事になってました(^-^;。
何と、主人公がウルトラマンであることが最終回を待たずして対怪獣特別チームで一番仲の良かった隊員にばれ、主人公も彼に促されて自分がウルトラマンであることを他の仲間にもばらす怒涛の展開!!そして、仲間たちもその事実を極めて肯定的に受け入れ、ウルトラマンメビウスの戦いは続いてゆく・・。
ストーリー中盤で主人公がウルトラマンであるということが明確に特別チームのメンバーにばれた上、仲間たちがそれを受け入れ、ウルトラマンが「特別チームの一員として」戦い続ける、なんていうのは、前代未聞の展開ですよ!!
『ウルトラマンの正体がバレる時は、ウルトラマンが地球を去る時』というのが、僕と同年代の子供ならば半分以上は知っているお約束みたいなものでしょうから。しかし、『メビウス』はシリーズ誕生40周年にして、その“お約束”を遂にぶち破ってしまいました!!

更に、その次のエピソードである昨日放送のお話がまた熱かった!!
強力な怪獣が出現し、前回の事件のお陰で特別チームの戦力の大半は使用不可能の状態。
そこで主人公は「僕が戦ってきます!!」と言ってウルトラマンメビウスに変身するのですが、そこですかさず仲間の隊員がこう励まします。「“僕が”じゃなくて“僕たちが”だろ!間違えるなよ!」
そしてメビウスがピンチに陥ると、特別チームの仲間たちも「ミライーーー!!!」と変身前の主人公の名前を叫びながら決死の援護射撃!!仲間たちの想いの力でメビウスも息を吹き返し、特別チーム制のカプセル怪獣も含めた怒涛の集中砲火で遂に強敵を撃破!!!
年甲斐も無く、暫くOPテーマが耳から離れないくらい興奮してしまいましたよ(^-^;。

ファンの誰もがどこかで望んでいながらも、今までのシリーズでは決して描かれることが無かった『ウルトラマンと特別チームの、真の意味での協力関係』が、遂に、遂にテレビで観れる時代がやってきました!!これは、幼い頃に『ウルトラマン』を(主にレンタルビデオで、ですが)夢中で観ていた身として、非常に感慨深いです(^-^。
この『メビウス』、ここに来て、長寿シリーズものの最新作にありがちな「設定の目新しさや斬新さがウリな所謂“最新作”」の枠を超えた、「ウルトラシリーズ全体としての最新作」になりつつある気がします。

というわけで、15年前にウルトラマンたちに憧れた子供の一人として、ウルトラシリーズの歴史自体に大きな変化をもたらしつつあるこの作品、是が非でも終わりまでしっかりと見届けたいと思ってます!!
毎週感想は今のところ書くつもりは無いですが、昨日放送のお話のように極めて意味の大きなエピソードだと僕が判断した話や、最終回の感想は必ず書きます!!!








ウルトラマンメビウス Volume 1
ウルトラマンメビウス Volume 1
五十嵐隼士
バンダイビジュアル


人間関係の基本は“ギブ&テイク”だと思うから

今日の記事は、ほぼ100%日記です。

ついさっきまで、うちのゼミ主催の大規模な学会のお手伝いをしてきました。いや~、朝早くからの一日作業、結構疲れましたよ。
んで、その中で気になった事が一つ。

後輩に、とにかく働き者でよく気が利く子(男)が一人いるんですよね。そいつは誰に対しても優しいいい奴なんですが、でも、ちょっと気が利きすぎな所があるんです。今日に始まった事じゃないんですが、本来ならば自分のやるべきでは無い仕事も、率先して引き受けてしまうんですよ。
今日も、本来は僕ら会場設営係の仕事だった最後の後片付けを、そいつがほとんど率先してやってしまったんですよね。因みに彼は、本来は会場の受付の係で、担当の時間はずっと立ちっぱなしというかなりハードな仕事でした。
そして僕は思わず「いいから、ちょっとは先輩にやらせろよ」と言って自分の仕事を全うしようとしたのですが、彼は「いや、いいですから」と本来僕が運ぶべき荷物を持っていってしまいました。この時、僕は少しカチンときました。
結局、その後すぐに解散になったので、そのお話はここで終わりなのですが、なんていうか、彼の場合「よく気が利くいい子だね」で終わる話では無いと思うんですよ。気が利くのもここまで来ると、正直不快です。

そしてちょっと、『Fate/stay night』の主人公・衛宮士郎が、作中、あまりにも無私な人助けを繰り返すことに対し、周囲の人間から苛立ちをぶつけられていたことを思い出しました。
「貴方には『自分を助ける』という発想は無い。それは人として歪だ!」
『何の見返りも求めずにただ人を助けるだけの存在。そんなものは、周囲の人にとっては単に都合のいい道具であり、理解しがたい不気味な人間に過ぎない。そして、次第に周囲の人たちは彼を疎んじるようになっていった・・・』
士郎に対しセイバーや凛ら周囲の人間が感じた不快感が、何となく今の僕にはわかるような気がします。

人間関係の基本は“ギブ&テイク”なんだと、経験上僕は考えています。正直、「ギブだけの関係」或いは「テイクだけの関係」なんて、続けていて落ち着かないですし。
そして何より、上記のような態度をされると、何か「同じゼミの仲間として信頼されてないのでは?」とも少し考えてしまいます(前述の『Fate』でも、セイバーを必要以上に庇う士郎に対しセイバーが苛立ちをぶつけ、後に士郎が自分の過ちを認める場面もあります)。
まあ、僕が何か言った所でそいつが変わるとは思えませんが、まだまだ三・四年合同の行事はいくつかありますし、次の機会にでもそいつにちょっと何か言ってみようかと思ってます。折角同じゼミの仲間になれたのですから、お互いできるだけ気持ちのいい関係でいきたいので。








フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
PlayStation2
角川書店


今週のアニメ プチ感想

今週は、一昨日の日記にも書いたように深夜アニメがやっている時間帯まで起きていられなかったので、ビデオに録画して今日まとめて観ました。なんで、感想もまとめてで。


●『デスノート』 第五話
案の定、原作そのまま過ぎて、第五話にしてそろそろ書くこと無くなってきました。
というわけで、このアニメの感想は不定期掲載に決定させていただきます。あしからず。

あと、今回を観てると、西尾先生の書いた『ロサンゼルスBB連続殺人事件』もアニメ化してほしいとちょっと思いましたね。お茶目でドジっ子なナオミも観てみたいので。
まあ、あのお話はトリックの関係上アニメ化激ムズでしょうし、したらしたで大ブーイングありそうですが(^-^;。


●『ネギま!?』 第五話
このアニメも感想書きづらいなぁ・・・。「アンチ」になるほど批判材料があるわけでもない、もっと言うと出来自体はいいアニメなんですが、原作の雰囲気に惚れてネギま!のファンになった僕からすると、「求めるものがこのアニメには無い」と言うか何と言うか・・・・。これも不定期にしようかなぁ・・・。

ああ、感想としては、明日菜の壊れ方がそろそろ取り返しの付かないレベルになってきたなぁ、とか、そういや千雨って元々は壊れたキャラだったんだよなぁ最近の漫画の展開見てるとすっかり忘れちまうぜ、とか、そんな感じでしょうか。
あとは、刹那と明日菜が原作のような出会い方をしなければ、ああいったドライな関係性になってた可能性もあるのかな、とちょっと考えさせられました。いやまあ、明日菜は人格そのものがアニメと漫画では完全別物ですが(^-^;。
そうそう、一つ言い忘れてました。このかはエロ可愛い!!これはガチで!!!(オイ)


●『武装錬金』 第五話
え~、前回はどうやら視聴することは叶わないようです(;>_<;。残念!!
んで、今回の感想。
バトルはもうちょっと頑張ってほしかったなぁ、と。絵の流れが速すぎたりして、ちょっと印象に残らない展開になってしまっていたので。あと、折角深夜アニメなんだし、被ダメージのエフェクトとその後のキャラの負傷具合に明らかに違和感があるのはもうちょっと何とかしてほしいです。
こないだも書いたように、バトルは原作者がかなり苦戦した部分なので、アニメ版では出来れば思いっきり改善した、原作の欠点を埋めるような作品を作ってほしいと思ってます。そして、作品を本気で愛してくださっていることが端々から窺えるこのアニメスタッフさんたちならば、それが可能であるとも思っています。

斗貴子さんは本当に可愛いですな(^-^。無茶な提案をするカズキに「ハァ!?」とツッコミを入れるところとか、恥ずかしくてカズキの背中で縮こまってるところとか、斗貴子さんファンにはかなりストライクなものがあったんじゃないでしょうか。

さてさて、次回は色んな意味でこの作品のターニングポイントとなるお話!!これは、絶対に見逃せません!!
アニメスタッフさん、期待してますよ!!!








Death note (12)
Death note (12)
大場 つぐみ、小畑 健 他
集英社









魔法先生ネギま! 16 (16)
魔法先生ネギま! 16 (16)
赤松 健
講談社








武装錬金 2 (2)
武装錬金 2 (2)
和月 伸宏
集英社



カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。