Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点は偉大なり! 『スーパーマリオコレクション』感想

次の更新はいつになるかわからないこの時期、コーナー休止のお知らせのようなネガティブな話題を頭にずっと乗っけとくのもどうかなぁ、と思ったんで、とりあえずポジティブに、ちょっと前に終わったゲームの感想でも。


日本のテレビゲームの原点的作品として、今や紹介するまでも無い『マリオシリーズ』の、その初期作品四本を一本のゲームにまとめたこの作品ですが・・・。
以前にもちょっと書きましたが、一言でいうと、今やっても超面白い、ものっそ完成度の高い作品でした!!

まず何よりも、ゲームバランスが素晴らしい!
マリオ1・3.USAは、「ファーストプレイで(一度もゲームオーバーにならずに)全面クリアはまず無理だが、何回かやってステージクリアのコツを掴めばかなり余裕を持ってクリアできる」難易度。これも以前書きましたが、繰り返しプレイして「上達してゆく喜び」が味わえます。
正しく『おとなも こどもも おねーさんも』な、万人に勧められる親しみ安さバツグンのゲームバランス!!(注:このキャッチコピーはマリオじゃなくマザー2です^-^;)。この作品が、世に『テレビゲーム』というものを知らしめ、今まで続く日本のゲーム文化を築いたのだと、プレイしながら心より納得させられました!

対して、マリオ2は元々上級者向け作品であり、流石に「おとなも こどもも おねーさんも」とはいかない難易度ですが、その『高難易度』の設定の仕方が非常に面白い!中々倒せないような中ボスは配置されてない。プレイヤー心理を読みきったような意地悪なステージ設計でのみ、その超絶難易度を実現しているんですよ。
例えば、一見ジャンプのタイミングが難しい不安定な足場を連続で出し、渡り終わって「ほっ」と一息つくタイミングで一匹クリボーがぬっと現れてよけきれずにミス、とか、本当「これを考えた奴は沙都子(『ひぐらし』の)並のトラップマスターだなっ!!」と思わせるような仕掛けが盛り沢山で、思わず「ここでそうくるかよっ!!」と唸ってしまうようなステージのオンパレード。
しかし、逆に言えば、その意地悪なステージ構成さえわかっていれば、対抗策を講じることも不可能ではないです。つまり、他のシリーズの「やりこめば上手くなってクリアできる」という醍醐味は、しっかりこのシリーズにも存在します。ステージ8の後半は流石にやり過ぎだと思いますが(^-^;)。

そしてこのゲーム、細かい調整は加えられてはおりますが、大きな調整は『2』でゲームオーバーになってもそのステージから再チャレンジできるのと、『USA』で初期人数が三機増えコンテニューが無限になったこといくらいです。まあ前者はかなり大きいですが(^-^;)。
つまり、この良質なゲームバランスはスーファミ版に限った事ではなく、ファミコン版からほとんど既に確立していたものなんですよね。四半世紀近くも前に、既に。
つくづく、任天堂は偉大だと思い知らされた、そんな作品でした!

もちろん、閲覧者の皆様にも、手放しでおススメな一本です。
スーファミがまだ手元にあって、あの頃クリアできなかったゲームのリベンジをしたい方、今だからこそゲームの原点を味わいたいという方、単純に「懐かしいなぁ久しぶりにやってみようかなぁ」という方。ちょっとお近くの中古屋を探してみてください。
きっと、今でも色褪せない、永遠に色褪せない名作たちが、貴方を待ってます(^-^)!


スポンサーサイト
『ネギま!』感想の休止について

今更な気もしますが、何にも言わないでウチ一番の人気コーナーを閉めるのも何なんで、ちょっとお知らせまでに。


『ネギま!』感想ですが、ちょっと思うこともあり、一時無期限の休止に入りたいと思います。
詳しい理由は、単行本17巻の感想にて述べたいと思います。つまり、単行本感想は続けます!(とは言え、テスト間近なので一月末~二月初めくらいになりますが)
まあ、ここで理由を簡単に言うと、「単行本感想くらいが、僕の感想記事のスタイルから言っても丁度いいかなぁ」という感じです。
12月に何も言わずに更新停止した件といい、何か突然一方的に色々打ち切ってすいません(ペコリ)。


あと、アニメ『武装錬金』の感想も休止の方向で。こちらの理由は、単純にアニメの視聴のモチベーションが続かなかったから、ということで。




カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。