Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係の基本は“ギブ&テイク”だと思うから

今日の記事は、ほぼ100%日記です。

ついさっきまで、うちのゼミ主催の大規模な学会のお手伝いをしてきました。いや~、朝早くからの一日作業、結構疲れましたよ。
んで、その中で気になった事が一つ。

後輩に、とにかく働き者でよく気が利く子(男)が一人いるんですよね。そいつは誰に対しても優しいいい奴なんですが、でも、ちょっと気が利きすぎな所があるんです。今日に始まった事じゃないんですが、本来ならば自分のやるべきでは無い仕事も、率先して引き受けてしまうんですよ。
今日も、本来は僕ら会場設営係の仕事だった最後の後片付けを、そいつがほとんど率先してやってしまったんですよね。因みに彼は、本来は会場の受付の係で、担当の時間はずっと立ちっぱなしというかなりハードな仕事でした。
そして僕は思わず「いいから、ちょっとは先輩にやらせろよ」と言って自分の仕事を全うしようとしたのですが、彼は「いや、いいですから」と本来僕が運ぶべき荷物を持っていってしまいました。この時、僕は少しカチンときました。
結局、その後すぐに解散になったので、そのお話はここで終わりなのですが、なんていうか、彼の場合「よく気が利くいい子だね」で終わる話では無いと思うんですよ。気が利くのもここまで来ると、正直不快です。

そしてちょっと、『Fate/stay night』の主人公・衛宮士郎が、作中、あまりにも無私な人助けを繰り返すことに対し、周囲の人間から苛立ちをぶつけられていたことを思い出しました。
「貴方には『自分を助ける』という発想は無い。それは人として歪だ!」
『何の見返りも求めずにただ人を助けるだけの存在。そんなものは、周囲の人にとっては単に都合のいい道具であり、理解しがたい不気味な人間に過ぎない。そして、次第に周囲の人たちは彼を疎んじるようになっていった・・・』
士郎に対しセイバーや凛ら周囲の人間が感じた不快感が、何となく今の僕にはわかるような気がします。

人間関係の基本は“ギブ&テイク”なんだと、経験上僕は考えています。正直、「ギブだけの関係」或いは「テイクだけの関係」なんて、続けていて落ち着かないですし。
そして何より、上記のような態度をされると、何か「同じゼミの仲間として信頼されてないのでは?」とも少し考えてしまいます(前述の『Fate』でも、セイバーを必要以上に庇う士郎に対しセイバーが苛立ちをぶつけ、後に士郎が自分の過ちを認める場面もあります)。
まあ、僕が何か言った所でそいつが変わるとは思えませんが、まだまだ三・四年合同の行事はいくつかありますし、次の機会にでもそいつにちょっと何か言ってみようかと思ってます。折角同じゼミの仲間になれたのですから、お互いできるだけ気持ちのいい関係でいきたいので。








フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] (通常版)
PlayStation2
角川書店

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/116-070b0f9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。