Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『デスノート後編』感想!! と、いきたいところですが・・・

いきたいところなんですが!!

・・・誰か、教えてください!!クライマックスのあの矛盾点の答を!!
それがなければ、なんかまともな感想を書くのは精神的に無理っぽいです・・・。

因みに、記事の性質上、既に映画を観た人だけ「READ MORE」にて本文へ。激ネタバレですので、未見の方は、お願いですから絶対、決して、何があっても見ないでください!!



 


 


 


 


・・・・・。
結局、Lってあの状況で自分の名前をノートに書く必要あったの?

確かに、レムに名前を書かれて生きているには、自力で取れる対策はそれしか無いんですけど、なんであの結末自体には大賛成なんですけど。
けど・・・。
L、確かに言いませんでした?「死神を切り札に使ってくるのは予想外でした」って!!
それってつまり、『Lは自分の名前をノートに書いた時点では、死神に殺されることなんて考えも付かなかった』ってことですよねえ・・・。
んじゃあ、この時点でLは(Lの想定しうる範囲の中で)、どれほど危機的な状況にあったのでしょうか?

・ミサ→ノートは一日目の裁きを行った時点で偽者と摩り替えたため、その時点で殺傷能力ゼロ。名前を以前見られてはいるが、それを監禁生活の中で忘れていることはLも予想が付いていた(ここら辺、記憶が曖昧なんですが、確かそれに言及する台詞もあったような・・・)ので、もし他にノートを隠し持っていても、実質無害。それに、月の部屋中に監視カメラを設置したりする人間が、あの状況でミサの持ち物検査くらい行わない理由も無い。よって、無効化も容易。
・月
→この時点でLはミサが第二のキラであると確信しているので、同時に彼も最重要マーク人物に逆戻りしてるはず。そして、今彼の手元にノートは無く、っていうかこの状況で彼にノートを使わせるようならLは単なるバカ・・・。その上、もしノートを使えたとしても、彼にはLの名前を知る術がない(第一のキラが殺しに名前も必要なのは既に明らか)。よって、危険ではあるがやはり無効化の術はいくらでもアリ。


はい、メチャクチャ安全なんですけど・・・・。ここのどこに、自分を確実に殺すような手段を使ってまで防衛策を張る必要が?

あとは、「夜神パパを説得するため」とも考えられるし、実際映画でもそんなことを言ってましたが・・・。
いや、その前に普通に今挙がっている証拠を見せれば、大抵の人間は納得するかと思われます。
そもそも、この時点で夜神パパを必ずしも説得しなければならない必要性ってゼロなんですが・・・。もしキラ確保のために人員がほしいならば、別にパパじゃなくても、松田あたりに今ある証拠を全て揃えて見せてやればいい話です。


まあ、前述の通り、結果的にはLは死神に名前を書かれることになるわけで、そしてこればっかりはLでも他にどうすることもできないでしょうから、展開そのものには全く影響出ないんですが・・・。
・・・・。でもこれ、下手すると、ラストシーンでのLの死の意味が根底から変わってくる可能性もあるんですけど・・・。


せめて、あの「死神を切り札に使ってくるとは予想外」云々の台詞がなければ、単に「死神に殺される可能性を潰すため」と解釈は可能なんですけど。それに、あの抜け目無いLのこと、死神が自分を殺しにくる可能性に思い至らない方がどっちかと言うと不自然な気もします。


でも、映画では既に「死神による暗殺は想定外」と断言されてしまってます。なので、考察するならそれでいくしかありません。


・・・・・。誰か、Lを弁護できませんかね?じゃないと、Lは「結果オーライだが、まだ安全だと思われるうちから自殺そのものの方法で防護策を行っていた、ただの自爆野朗」ということになってしまいます。原作で「命をかけることと、死にに行くのは全く別なことです」と大変カッコイイことを言っていたLをこんなキャラに貶めたくは無いですし、何より、観終わった直後には非常に感動したこの映画のラストにそんなオチいりません。

誰か、Lを弁護してください!!!

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

他にもノートがある可能性があったからではないでしょうか?
あの時点では高田の死因が判ってませんでしたから・・・
結果的にレムに殺されずに済みましたね
【2006/11/27 12:04】 URL | 謎のプリースト #- [ 編集]


なるほど、確かに、もし高田殺害の現場に「第四のキラ」がいたならば、Lは完全アウトですね。謎のプリーストさん、ご指摘ありがとうございます。

ただ、僕の記憶が正しければ、Lがノートに自分の名前を書いたのは確かミサのノートを摩り替えてからっぽかったんですが、それだとノートに書かれたことに上書きできない以上、Lの推測的にはどの道アウトなような・・・。もし今後のことを考えていたのだとしても、月をキラだと確信してから(もしいたならば)第四のキラに月が指令を出すのを防げなければ、やはりLは馬鹿ってことになってしまいかねません。Lならそれくらい防ぎ切る自信はありそうです。
やっぱりどうにも、「Lは死神が自分を暗殺しに来るのを予想しそれを防ぐため」ノートに自分の名前を記した、とした方が、一番自然だったような気がしてなりませんです。
まあ、これは完全僕の好みの世界なのかもしれませんけど。
【2006/11/29 12:47】 URL | ごぜん@管理人 #5FtMdOeE [ 編集]

ストリート系スポーツ
ストリート系スポーツを探すなら http://www.so-blue.com/101070/200061/
【2008/09/30 23:15】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/120-a4be0c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。