Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションⅢ・Ⅳ ピコ感想

今日(正確には昨日?)になって始めて、今日がスペシャルエディションⅣの放送日だということに気付き、慌ててレンタルショップでⅢも借りて一気に観ました。

DESTINY本編の感想はもう散々何回も書いているので、今回はスペシャルエディションを観て改めて思った事を幾つか簡単に箇条書きにする程度の簡易感想でいきたいと思います。


・前半のアスラン、改めて見てみると本当言ってることがメチャクチャなのに気付く。本来はカガリを傍にいて守るべきなのにザフトに入隊し、その挙句「戦場に出てくるくらいならまず条約を何とかしろ!!」と上から無理難題を仰る。これは、キラもキレてサイコロステーキにするのは当たり前。シンに対しても、ステラを逃がした件では「彼女は逃がさなかった方が(つまりそのまま死ぬのを黙って見てた方が)よかったのかも知れない」など言っておきながら、いざキラが敵と認定されると「あいつは敵じゃない!!」と取り乱して喚くばかり。これじゃあシンから軽蔑されるのも無理はないだろう。
※追記:あいばさんの記事を読んで、「もしかしたらスタッフはわざとこう書いたのかも」という可能性に思い至りました。なんで、上記の文章に肯定・否定のニュアンスは、今のところは込めないでおきます。

・後半のアスランのシンに対する説得は本当に抽象的な表現ばかり使うのでわかりにくい。ハッキリ言って、「シン、やめろ!!お前は本当は何がしたいんだ!!」そればかり繰り返しているようにしか聞こえない。冷静に見ているこっちですら何を言っているのかサッパリなのだから、当事者のシンはもっとサッパリだっただろう。そして、もしアスランがきちんとシンを説得できていれば、おそらくシンはレイを裏切れないだろうから最終的な位置関係は変わらなかっただろうが、シンはもっとハッキリと自分の考えをまとめて最終決戦に臨め、結果としてシンというキャラの『主人公だがラスボス』という特異なポジショニングももっと際立っただろう。そう考えると、これは本当に痛い。追記:上記と同じようにあいばさんの文章を読んで考えがかわりました。とりあえず、このことについても肯定か否定かは保留ということで。

・Ⅲのエンディングの三人の位置関係。アスランを中心にシンとキラが両サイド。なんかこれが三人の主人公の最適な位置関係として一番しっくりくると思う。

・結局、DESTINYの主人公について批判意見が多いのは、製作スタッフが三人の主人公の中で中心に添えるべき人物を間違ったことが大きな原因ではないかと思う。また、当の中心的主人公であるアスランの描写にかなり手間取っているとチラ見でもハッキリわかる有様なのも痛い。アスランはもうちょっと、前大戦での教訓を活かしてシンやキラを導いて欲しかったし、そうあるべきだったのではないかと思う。実際に描かれた彼の姿は、ハッキリ言って前作と同じことをただ繰り返しているだけにしか見えない。それならば、流石に視聴者も飽きて離れるのも仕方ない。追記:このことも、考えが変わったので保留で。

・更に追記:結局、シンだのキラだのを三主人公の中心に置いてしまったのが、スタッフさんたちが意図したらしきことが視聴者に伝わらずに大きな誤解を招き、結果むやみやたらと誹謗中傷を行う者に付け入る隙を与えた大きな要因の一つではないかと思う。
三主人公が並立する物語だというのなら、中心にいるべきは紛れも無く三人の中では最も中庸の位置に近いアスランであり、タイトルバックもジャスティスあたりにすべきだったろう。
もっとも、商業的な面から見ると、一番アピールすべきは子供心を掴みやすいフリーダムだったのだろうから、あのタイトルバックは「スポンサーの圧力だった」とも考えられる。
ただ、もしそれが正しいとすれば、これは外圧に屈するべき事柄だったのかと言われると微妙だ。
スタッフさんたちが作品の質をワンランク落とした、という結論が正しい可能性は高いかもしれない。


・かねてからずっと思っていたことだが、オーブ防衛戦の際にアークエンジェルがジブリールに対して何らアクションを取れなかったのはおかしいと思う。少なくとも、そういう姿勢くらい見せてくれれば、ラクスを根拠無く悪者と看做すような視聴者の数も大分減ったろうに。

・デュランダルの『デスティニープラン』、こんな穴だらけのプランに果たして世界中からの賛同が得られるのかとかつては思ったものだったが、今考えてみると、僅か三年の間に民間人の死傷者がダントツで過去最高を記録するような世界大戦を二度も味わった作中世界では、例え何を代価としても「戦争の無い世界」はさぞ魅力的に聞こえることだろう。

・なのだから、このプランの存在をラクスが知る過程とか、作中世界と視聴者のいる現実世界の温度差とか、そういうものをもっときっちり描写して欲しかった。それがあるだけでも、この作品に対する評価は大分違ったものとなっただろう。

・軍事力では少なくない差があっただろうラクスの軍がザフトに勝利できたのは、キラとアスランが強すぎるからとかそいういうこと以上に、議長がプラントを数基も破壊したレクイエムを使用したためザフトの士気が下がってしまった事、その上相手がラクスだったためラクスの説得に耳を貸す部隊も(ジュール隊のように)少なからずいた事、そこら辺が大きな要因なのではないかな、と今回を観て思った。実際、シンとルナの士気は確実に下がっていたし、そうでなければキラやアスランはもっと苦戦していただろう。

・そして、できればそういうこともちゃんと描写してほしい。あれじゃあ「ラクスやキラが主人公だから勝てました~」と言ってるようなもんで、年齢層高めのファンも少なからず観ていることが確実であるガンダムシリーズでそれをやるのは視聴者に喧嘩を売っているとしか思えない。

・スペシャルエディションにしてあそこまでバンクや意味不明な回想の挿入が多いのは、もはや異常であるとまで思ってしまう。毎週放送のアニメの製作スケジュールが過密であるのはわかるが、あれは最早そんなレベルではない気がする。ましてや、今作はシリーズものの二作目であり、同様のことが言われた前作の反省点を生かして改善されて然るべきなのだ。それが改悪されているというのは、最早言い訳は出来ないだろう。前作が大ヒットしたのなら尚更だ。

・今回のスペシャルエディションを観て思ったのは、「この作品に対する批判には謂れの無い誹謗中傷も確かに多いが、作品の出来がハッキリ言って“雑”なのは否定できないな」ということ。この作品、ストーリーはこのままでももっと良くすることはいくらでも出来たと思う(アニメ製作の過密スケジュールだとかそういうことを考慮に入れても、尚)。次回作は映画らしいが、今度こそ丁寧に作り込まれた、内容だけでなく見た目も上質なコズミックイラ作品を作って欲しいと、切に願う。


※追記
Wings of Freedom』の記事を見てちょっと自分の意見を推敲した結果、思った事。
僕の見解として、「『SEED DESTINY』はストーリーなどは悪くないが、灰汁が強く、作りに雑な所も目立つ」というのはほぼ決定だと思います。
ただし、もうちょっと考えてみると、この「一作目に比べると灰汁が強かったり雑だったり」は、もしかしたら『二作目の宿命』かとも思ったり。
日本を代表するゲームシリーズである『マリオ』も『ドラクエ』も『FF』も、二作目は雑(ファミコンのドラクエⅡは難易度調整に手を抜いたためゲームバランスが悪い)だったり灰汁が強かったり(マリオ2は始めから上級者を対象として作られ、FFⅡはシステムがあまりに斬新なものであった)しましたし。
そして、それらの作品の第三作目がどのようなものだったのかは、今更ここに書くまでも無いですね。
なので、SEEDシリーズも、今回数多寄せられた批判意見をバネとしてより善い作品へと成長を遂げれば、「全て良し」かなぁ、と。
まあつまり・・・・。
『ガンダムユニコーン』のアニメ化は時期尚早だと言いたいわけです!!せめてもう一度、コズミックイラにチャンスを、と!!!ついでに、「宇宙世紀作品はもういいじゃん」という僕の本音も付け加えておきます(^-^;)。










機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編  自由の代償
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償
ガンダム
バンダイビジュアル

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
作りが雑なのは同意なんですよ
作りが雑なのは僕も激しく同意なんですが、
SEEDシリーズがこれから変わるのかというのはやはり監督次第かなぁと。
今出てる批判は無印の頃にも出ていた訳で、
その上でのあのDESTINYだったんですよね。
それを貫き通したという事は、
今の作風で続けていく可能性が高いかもしれませんね。

シリーズものの宿命とは面白い見解ですね。
SEEDシリーズも無印の方がまとまりが良いので、
どうしても一作目の評価が上がってしまうのかな。

何はともあれ、その雑さ故に誤読・貶めやすい作品なのは確かだと思います。

追伸
最近、叩きのスタンスも建設的でなく疑問符なので、
ついつい擁護にまわってしまいがちなのでした。
【2007/01/08 21:06】 URL | ケイタロウ #ctW9YXF6 [ 編集]


>監督が同じならば今後も今の作風で続けられる可能性が高い
でしょうねぇ。流石に似たような欠点が二作連続したということは、それが監督や脚本家の「クセ」である可能性は確かに高いですね。
これ以上バンクの数が増えたりキャラの台詞が抽象的なものになってしまったりすると、付いてこれる視聴者の数は本当に激減してしまうような危惧が・・・。
監督や脚本家が違った『スターゲイザー』ではこのような批判はきかなかったので、もしかしたら、以後SEEDシリーズが作られるのならば、残念ながら監督は交代した方が作品・視聴者双方のためかも、と思ってしまいます。『スターゲイザー』は「SEEDシリーズの一つ」として観ても違和感ありませんでしたし。

>シリーズものの宿命
僕が最近プレイしたゲーム『ゼノサーガ』シリーズも、二作目はかなり実験的要素の強い作品であり、それ故ユーザーから相当叩かれているんですよね。
この事は近いうちに場を改めて詳しく書こうと思っていますが、今の受け手たちは、何かちょっとでも自分の気に食わないことがあると“叩き”に回ってしまうというか、なんだか「我侭」になっている気がします。昔だったら許されたことでも、今は許されなくなっている気がする。『SEED DESTINY』の評価の影にはこんなこともあるのかな、とも思います。

でも、ゲームのシリーズものはともかく、映像作品のシリーズものは結構二作目で成功しているものが多いんですよね(^-^;)。スターウォーズ、ターミネーター、日本でいうとウルトラマンシリーズの『ウルトラセブン』、或いはウルトラQもシリーズの一員と看做せば『ウルトラマン』なんて不朽の名作ですよね。仮面ライダーシリーズも、二作目の『V3』が叩かれたとかそういう話は特に聞きませんし。
戦隊ものシリーズなんかは二作目でこけたみたいではありますが。

でもまあ、ともかく、SEEDシリーズはあと映画一本作って終わるべきシリーズじゃない、もう一作はテレビアニメ作品が作られるべきだとは、強く思っています。
このままでは、日本のサブカルの受け手の低レベル下が進んで終わるだけですから。
【2007/01/09 21:02】 URL | ごぜん@管理人 #5FtMdOeE [ 編集]


どうも。あいばさんのところから飛んできました、東西南北といいます。

やはり、アスランですよね。物語的には彼が3主人公の真ん中にいるのに、アニメ的にそれを伝え切れてなかったと思います。
あと、終盤になってとうとう議長の負の部分が前面に出てきて、逆に落とされ続けたAA組が再浮上して、‘ここだけ見て’「結局議長が悪者でAA組が正義の味方かよー」とか言ってしまう人が出た可能性もあるかなーと。お互い至らないもの、不完全なもの同士の戦いなんですけどね。

あとはやっぱり、雑でしたね・・・。結局これが最大の問題だった気までしてきます(汗

あ、「オーブ防衛戦の際にアークエンジェルが~」ですが、あの時AAは潜水中でしたし、キラ・アスランはレイ・シンと戦闘中でしたし。さらにシャトルは島の裏側から飛び立ってますから、流石に無理かと(そもそもシャトル発進に気付いて無いのでは)。ザフト側でも待機してたインパルスくらいしか追えてないですから。

そう、誰にも届かない状態だったんです。だから射撃外したからってルナを責めないであげて(笑
【2007/01/11 21:29】 URL | 東西南北 #- [ 編集]


>東西南北さん
始めまして(^-^)。

終盤になってとうとう議長の負の部分が前面に出てきて、逆に落とされ続けたAA組が再浮上して、‘ここだけ見て’「結局議長が悪者でAA組が正義の味方かよー」とか言ってしまう人が出た可能性もあるかなーと。
あとは、ここら辺のOPが妙にキラヨイショだったのも原因の一つだと思います。
本放送時のみならず、FINAL PLUSのOPもどっちかと言えばキラヨイショだったのを観た時は、流石に戦慄が走るものがありました。「オイオイ、無闇に火に油注いでどうするんだ!」みたいな。
あれは、叩かれるのも仕方ないな、とちょっと思いました。
しかし、これは余談ですが、なんかMGストフリの評判が各所でめがっさいいみたいで、そういう意味ではバンダイの戦略(かもしれない)「キラとストフリをとにかくアピール」は成功したのかもしれませんね。あんまり愉快な話じゃありませんが。
ストフリを上回る出来の『MGインフィニットジャスティス』、でないかなぁ・・・。(ストフリが嫌いなわけじゃありません、むしろ機体としては大好きです)

>「オーブ防衛戦の際にアークエンジェルが~」ですが、あの時AAは潜水中でしたし~
そういやそうでしたね(^-^;)。一瞬、「デスティニーを一時退けた後にキラもジブリール探せば良かったんじゃぁ」とも思いましたが、よく考えてみれば、いつまた攻めてくるかもわかんないデスティニー相手に持ち場を空けるほど愚かなこともありませんね。ミネルバを相手にせねばならないアークエンジェルも、そう言えば同じ状況でした。
しかし、やはりAA内の誰かが進行してくるザフトに対して「今はザフトを相手にしている場合じゃないのに・・・」位は言ってくれれば、また見る人の印象も大分変わるのでは、と思いました。
SEEDがそういう説明臭い台詞を嫌うのはわかっているんですが、それでも、この『DESTINY』においては、説明不足が「不親切」の域に達しちゃってるような気もしますし。

>そう、誰にも届かない状態だったんです。だから射撃外したからってルナを責めないであげて(笑
いえ、あれは「ルナだからこそ」です(^-^)。しかも、折角活躍し出したあのタイミングだったからこそ!
お笑い系ヒロイン、ルナマリア・ホークに乾杯!!
【2007/01/12 01:54】 URL | ごぜん@管理人 #5FtMdOeE [ 編集]

紳士用バッグ
紳士用バッグを探すなら http://www.hvrdesigns.com/216131/100472/
【2008/09/20 13:39】 URL | #- [ 編集]

業務用品・サービス
業務用品・サービスを探すなら http://www.karakustr.com/101438/202559/
【2008/09/21 00:30】 URL | #- [ 編集]

30代,40代の転職・ウェブマスター
ウェブマスターは、ホームページの編集長 http://mannequin.rcrane4law.com/
【2008/12/03 08:23】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/130-12e588ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スペシャル・エディション四部作を観てのまとめ

「自由の代償」の追加エピローグは最後の最後に一場面程度あっただけで、大まかな流れはTVシリーズとFINAL PLUSを踏まえたものでした。故に本編と相違ないスペシャル・エディションだったのですが、再構成というより再編集という方がシックリくるかも。・三主人公制.... Wings of Freedom【2007/01/09 15:38】

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、サンライズ (アニメ制作会社)|日本サンライズが制作し名古屋テレビ放送|名古屋 メグミのブログ【2007/01/26 04:51】

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。