Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ版『Fate』 最終回プチ感想
遂に、アニメ版『Fate』も最終回ですね。
燃え度では凛シナリオに、エンディングのハッピー感では桜シナリオに劣りますが、読後の余韻の美しさと切なさの残留、という意味で、最も「奈須先生の作品らしい」と言えるセイバーシナリオ。このアニメが「原作の販促」であることを考えると、このシナリオをアニメに選んだのは大正解じゃないかな、と思います。
そして、その「奈須作品らしさ」を、今回のアニメのエンディングは上手に表現していました。BGM、画面効果、脚本の台詞回し、そして声優さんの演技。全てが綺麗に溶け合って、あの独特の『美しさ』を表現していました。僕も実際、観終わったあとの切なさの残留をかみ締めながら、「ああ、奈須先生の作品見たな~」という、何ともいえない気分になりました。
そう、これです、これこそが『奈須作品の本領発揮』です!原作を、その他の奈須作品をまだ読んでない方で、このアニメの終わり方に好意的感情を抱けた人は、さあ、今すぐPCゲーム屋か本屋にダッシュして、『Fate/stay nigh』か『空の境界』を購入するのがおススメですよ(^-^!!めくるめく奈須ワールドが貴方を待っていますから。


さて、では最終回についての各論的感想をば。
今回のバトルの最燃えシーンである『Wアヴァロン投影』にはアノ曲は鳴りませんでしたが、僕はこれでよかったと思いました。やはり、アノ曲をBGMにしても燃え度では『アーチャーのUBW展開』には到底叶わなかったでしょうし。ですから、BGMを変えて真っ向勝負を避け、それどころかあのシーンを「燃えシーン」ではなく「美しく切ないエピローグのワンシーン」にして、全く別の良さを与えて昇華させた点は、非常に評価できます。

関さんギル様、やっぱりかっこええ・・・。やっぱり関さん声は、「上から見下ろすラスボス」ではなく「同じ土俵で激闘を演じる宿敵」にピッタリですね。
そして、このギルガメッシュというキャラクターは、上記の両方の要素を満たしていなければならないという非常に難しいキャラクターなので、「完全にピッタリ!!」という声優さんは、中々いないのでしょうね。ならば、前者を捨ててでも後者を優先させたスタッフさんの決断は、この最終回の盛り上がりを見るに、やはり英断だったのでは、と。

大河とイリヤの『トラぶるコンビ』のハッチャケぶりが最終回のみとはいえ見れてよかったです(^-^。

セイバー役の川澄綾子さんと士郎役の杉山紀章さん、熱演本当にお疲れ様でした。
この二人の声は、本当にセイバーと士郎にピッタリでした。最終回の美しさと余韻も、この二人の熱演あってのものです。


では最後に。この番組そのものへの総論的感想を少し。
前述した通り、この『Fate』は様々な要素が混在しており、それ故に「名作」と呼ばれる作品なので、この「奈須作品らしさ担当」なセイバールートのみでは、やはり十分に“この作品の良さ”を表現できた、とは言い難いと思いますね。まあ、本当に仕方の無いことではあるのですが。
故に、ここまで完成度の高い作品が創れるのなら、思い切って一年放送しちゃっても良かったのではないかな~、とも思いました。
正直、アーチャーやライダー、ランサーなどは、アニメのあの扱いだけで終わらすのは非常に勿体無いほどいいキャラですし。桜も、まあアニメでは本領発揮しませんでしたし(もっとも彼女の場合、本領発揮が彼女にとって幸せかどうかは別問題ですが^-^;。折角メチャ可愛い声が当たりましたしね)。
そして、やはり士郎の声での『あの呪文』が聞きたいと、ファンの心情としてはどうしても強く思ってしまいます。士郎の声が前述の通り非常に合っていたので、尚更。
というわけで・・・。ここはやはり、ジェネオンエンターテイメントさんには、第二期として『Fate/hollow ataraxia』のアニメ版製作を激しく希望したいですね!マジで漢なランサー、意外なキャラのライダー、そして実は最高のギャグキャラなギル様。彼らは折角声がピッタリなので、是非ともその本当の姿を声付きの動画でジックリと見てみたいです。
ついでに、『hollow』の原作でも士郎の『あの呪文』の詠唱は無いですが、ここは一発オリジナルで作ってほしいですね。アーチャー役の諏訪部さんの詠唱がマジいい声でしたので、杉山さんの詠唱も是非聞いてみたいです。

さて、最後に、アニメ版『Fate』の意義について私的な感想を。
やはり、キャラに声が付いた事、そして原作では文字のみ(絵もありましたが、基本的には一枚絵でしたし)で表現されていた名シーンに動画が付いた事は、非常に大きかったですね。まあ、動画の方はバーサーカー戦のような失敗事例もありましたが(^-^。でも、キャラの声の方はどのキャラも本当ぴったりで、これだけでも『アニメ版Fate』の価値はあったと言えるのではないでしょうか。
そして、新たに追加されたアニメオリジナルのシーン。14話の『バーサーカーVSアーチャー』は、本当、「これだけでもアニメ化の価値あり!」と言えるほどの名シーンだったと思います。あれは、本当やばかった。あのBGMとアーチャーの詠唱呪文が、彼の鮮烈な生き様をしっかりと表現していて、アノ曲が流れた時にはマジで少し泣き入りました。惜しむらくは、アニメ本編ではそれまでにアーチャーに関して一切複線を張っていなかったため、原作未読者にはさっぱり意味がわからなかっただろうことですが、それもこのアニメの物語を念頭に置き、原作を読んでアーチャーの正体を知った後で見返せば、マジでウルッとくること間違いなしでしょうね。ええ、アニメ版14話は本当、『Fate』という物語に新たな名シーンを一つ刻んだと思います。

ありがとう、アニメ版『Fate』。一ファンとして、本当に楽しんで視聴できました(^-^。


Fate/stay night 1 (初回限定版)


Fate/stay night 1 (初回限定版)







Fate/Stay night DVD版


Fate/Stay night DVD版




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/15-8f3049a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最終話「全て遠き理想郷」

セイバー・士郎「「アヴァロン!!」」言峰・ギルガメッシュの対抗策、Wアヴァロン燃えたーーーー!!やっぱり前回タメていた事もあって、アンリ・マユの魔手から逃れようとする士郎で始まったアバンから燃え燃え。セイバー、士郎の逆襲は作画・演出共にエンタメし.... Wings of Freedom【2006/06/23 23:20】

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。