Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな本紹介 『ジョジョの奇妙な冒険 完全心理分析』
何か最近、このブログにちょっと行き詰まりを感じてきていなくも無いので、ここはいっちょ原点に立ち返って、僕の好きな本やおススメの作品を紹介することにします。

んで、その第一弾がこの本です。
現物


まあぶっちゃけて言うと、一世代前に流行った、所謂“謎本”の一種です。
一過性のブームに乗っただけの、版権元からの許可さえ取ってないためキャラクターの画像さえ乗せられないためかなりチープな印象を受けるこの一連のシリーズ。実際内容も、かなり粗悪な“トンデモ本”が多いこのシリーズですが、しかし!!何にでも“掘り出し物”というのはあるものです。
そして、この『ジョジョの奇妙な冒険』に関する謎本は、正にその“掘り出し物”と言ってもいい一冊でした。

この本の内容は、第三部・第四部の主なキャラクターの心理分析です。
んでこの本、一応『完全心理分析』と銘打ってはいますが、本当にきちんとした心理学的アプローチに基づいて書かれているのかは正直怪しいです。ですが、この本の著者、心理分析家としての手腕はさておいて、ジョジョのキャラクター達を非常に面白く解釈しています。そして、その解釈はかなり息の長い一ファンたる僕でも、思わず「なるほど!」と頷かされてしまうものです。

例えば、第三部におけるポルナレフやジョセフの存在意義において、この本では大変肯定的に書かれています。
ポルナレフやジョセフと言えば、第三部では敗戦に次ぐ敗戦を繰り返し、ジョジョに出会った当時高校生だった僕や、その頃ジョジョの対戦格闘ゲームが丁度出た時期だったからなのか皆ジョジョにはまっていた当時の友達の中では、二人の不要論すら出る有様でした(^-^;)。
しかし、この本は、ジョセフやポルナレフが、承太郎たちの勝利に欠かせないポジションにいたことをズバリ指摘しています。
具体的に、まずジョセフから。
ジョセフは確かに先頭ではほとんど役に立ちませんでしたが、この本では、旅の最短経路を決めていたのは実はジョセフであったことを鋭く指摘しています。そして。ジョセフはしばしば下らない冗談を言ってはメンバーを呆れさせていましたが、このことについてもこの本は「歴戦の戦士であるジョセフが(意識的か無意識的かはさておいて)このような自分は一ランク下のサブリーダーであるかのような演出を行う事により、若い承太郎たちに自信が与えられ、結果として集団の団結力を強める働きをしたのではないか」と解釈しています。
次にポルナレフですが、単純且つ良くも悪くも物事を深く考えない彼の性格が、承太郎や花京員のように物事を厳密に考え過ぎる癖のあるメンバーの短所を緩和し、また逆に承太郎たちのそういった深い洞察力が思慮に欠けるポルナレフの短所をカバーし、そうやってやってきたからこそ最終的にDIOに勝つ事ができたのでは、とポルナレフの存在を極めて肯定的に書いています。

また、DIOのカリスマ性の高さの原因を話術の巧みさとみて、実際に作中の台詞を例に挙げて如何にDIOの話術が巧みかをわかりやすく説明していたり、格闘ゲームでジョジョを知った世代からはしばしば肯定的に受け取られる花京院の「恐怖を乗り越えた」の台詞を否定的に解したり(これも思わず納得できる説明が付いてます)と、これを読めばジョジョがまた通して読みたくなってくること請け合いです!
そして、この本を読めば、ジョジョの作者である荒木先生が如何に人物描写に優れた人物であるか、そして何故週間連載を単行本七十巻近くも続けられたのか、よくわかります。
この本は、正に「ジョジョをより深く知るための手引書」とも言えるでしょう。

因みに、これ、今手に入れるのはかなり難しいと思います。ただ、今はインターネット販売もある便利な世の中!ジョジョファンの皆さん、少々苦労してでも手に入れることをおススメします!!
ただしッ!!どうやらこのシリーズ、第五部と第六部(『スターオーシャン』)のも出ているらしいのですが、第六部は「この作者、原作を絶対ちゃんと読んでねーだろ!!」というような超トンデモ本らしいので(何やら、『DIOと承太郎は同一人第物である』とか書いてるらしいので)、避けたほうが無難かもしれません









ジョジョの奇妙な冒険 (17)
ジョジョの奇妙な冒険 (17)
荒木 飛呂彦
集英社
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
30代,40代で転職してマンション管理士
マンション管理士は、マンション版大家さん http://pianisimo.catvtestchips.com/
【2008/08/31 23:50】 URL | #- [ 編集]

カイロプラクター
カイロプラクターとは、腰痛や肩こりの原因となっている脊椎のずれやゆがみを独自の手技などで矯正し、治療するカイロプラクティックの資格の一つ(職種の一般名称でもある) http://garbanzo3.stepuptechnologies.com/
【2008/11/06 01:32】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/152-e76e3927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険

Part5: ''LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO'')は、荒木飛呂彦の漫画作品である。概要集英社の少年漫画|少年向け漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に1987年から2 ゆうかの日記【2007/08/05 08:46】

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。