Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささのはらぷそてぃ
もう七月。ここ東京では、連日暑い日が続いております。
そして、“七月”といえば、そう、“七夕”。僕の最寄駅にも笹の葉が飾られ、そこにはいくつもの短冊が飾られていました。短冊を書いたのは、近くの幼稚園の子供たち。彼ら彼女らの幼く純粋な願いを見て、道行く人たちは心を和ませるのです。
これから紹介するのは、あなたももしかしたら幼い日々に願ったかもしれない、あどけなくも真っ直ぐな願いたちの中の一部です。



tanabata5

※:「ひーろーになりたい(つよくなりたい)」
やはりこの年代の子供たちに多い“願い事”は「ヒーローになりたい」。仮面ライダーや戦隊のメンバーなど、テレビで活躍する強くカッコいいヒーローたちに純粋に憧れるのは、いわばちびっ子たちの特権ですね(^-^。
先週の『ハルヒ』の感想に書いたように、このような純粋な願いたちもいつかは“現実”という壁の前にぶち当たる運命にあるのですが、それでも「この願いを捨てない方法」というのはあります。それが「現実世界でのヒーローになること」。
サッカー選手、野球選手、オリンピックに出場するスポーツ選手、あるいは強い格闘家や有名な芸能人、はたまた弁護士や医者や警察官や政治家等々、己の力一つで偉大な成績を残し、そして多くの人の命を救ったり人々に夢と希望を与える人たちは、現実でも「ヒーロー」です。
この“しゅうじ”君も、頑張って強くなって、そういった立派な「ヒーロー」の一人になってほしいですね(^-^。



さて、この「ヒーローになりたい」という願いはやはり多く、子供たちはそれぞれ憧れのヒーローの名前を挙げます。そして、そこはやはり流行に敏感な子供たち。挙がる名前は、仮面ライダーならカブト、戦隊ならボウケンジャーというように最新のものが多いのですが・・・。
tanabata7

※:「ゴレンジャーのレッドになりたい」
ゴレンジャー!!これはシブイ!!
流行に左右されないこの感性!この子には何やら期待が持てます!
しかも、この子は名前を見るに女の子の可能性もあります。ということは、この子の夢が叶えば「初の女性レッド」という事にもなります!
もしかしたらこの子は、今の日本ではイマイチ解決が遅れている「男女の雇用格差」に問題意識を持ち、それに自分なりの解決方法を提示しようと模索していらっしゃる賢いお子様なのかもしれません!いえ、あくまで「かも」ですが(^-^;。
ただやはり、折角初の女性レッドになるのなら、30年近く前に解散された戦隊よりも、10年後の未来に結成されるだろう戦隊に所属なさることを、心からお奨めいたします(^-^。




tanabata2

※:「どらごんぼーるになりたい」
ドラゴンボール!?孫悟空じゃなくて!!?
えー、悟空は宇宙人なので、なろうと思ってもなれないのはわかるんですが、だからといって何故ボール(^-^;。
仮に願いが叶ったとしても、人類最高のお宝のはずが単なる蘇生アイテム同然の扱いを受ける可能性が高いので、早急な希望進路の変更をお奨めします。


ところで、ざっと見たところではほぼ半数を占めていた「ヒーローになりたい」という願いですが、「仮面ライダーになりたい」や「戦隊のメンバーになりたい」というものは多数見かけても、同じくヒーローの巨頭の一つでもありシリーズも現在進行形で放送中の「ウルトラマンになりたい」という願いは、何故か全く見かけなかったんですよね。
これは、やはり仮面ライダーや戦隊が「自分たちと同じ、普通の人がなるもの」であるのに対し、ウルトラマンは「生まれつき宇宙人であるもの」なので、なろうと思ってもなれるものではないと、子供たちも幼心に理解しているからなのではないでしょうか。
よく大人たちに「現実と空想世界の区別が付かない」と思われがちな子供たちですが、どうしてなかなか、我々大人が思っている以上に、子供たちは子供たちなりにしっかりと現実とテレビの区別を付けているのかもしれませんね(^-^。


さて、子供たちの願い事の中で「ヒーローになりたい」と並んで双璧を成すのが、やはり「お花屋さんになりたい」とか「サッカー選手になりたい」などの、現実の職業に就いた未来の姿を子供なりに想像したものです。
就活もようやく一区切り付き、今正にその“将来”に直面している僕としては、その幼く真っ直ぐな願いを心から応援してあげたい気持ちで一杯です。

tanabata3

※:「すてきなおねえさんになりたい」
ええ、心から応援してあげたい気持ちで一杯です(マテ)。
そして夢が叶った暁には、是非僕の目の前に現れてください。何年でも待っているので(ぉぃ)。


tanabata4

※:「ぴんくのすかーとをはいたはいしゃさんになりたい」
この夢も、是非叶えてください!!
そして、十五年位後、歯が悪くなった時は本当にお願いしますよ。歯もそうですが目の保養という意味でも(マテマテ)。


さて、そんな純粋な夢が溢れる子供たちの七夕短冊ですが・・・。

tanabata6

※:「48単位取れますように。
   家族皆が健康でありますように。
   就活がうまくいきますように。」

何か妙に現実的なお子様がお一方いらっしゃるのですが〔汗〕(ちゃうねん)


七日は七夕。引き離されたある恋人たちが一年に一度、会うことを許された日。そして、その幸せの一部がこぼれ、僕らの上にも降り注ぐ素敵な一日です。
子供たちの願いが、皆本当に叶うといいですね(^-^。と、最後だけは綺麗に締めてみました
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/22-ab294511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。