Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法先生ネギま!』 141話タイムリー考察
毎度お馴染み、ネギま!考察のお時間がやってまいりました(^-^。
では、いつものように、画像下の「READ MORE」から本文へどうぞ。


魔法先生ネギま! (15) 限定版


魔法先生ネギま! (15) 限定版





※今巻の限定版は完全予約制なので、欲しい人はお早めに動いた方がいいかもですね。

さて、今回はこれまたほぼバトル一辺倒のお話でしたね。内容も既存の設定、特に明日菜の能力の再確認がメインでしたので、今回はサラッといきたいと思います。
ところで、このタイミングで明日菜のマジックキャンセル活躍話を入れたのは、やはり今までが武道会編などで明日菜の能力の活躍場所があまり無かったからなのでしょう。おそらく明日菜のこの能力は物語の上でも最重要な設定のはずなので、こうやってマメにエピソードを描いて読者に印象付けてゆくのが必要になってくるわけなのでしょうね。


・エロエロバトル!
ネギ救出に向かう明日菜たちの前に立ちはだかったのは、図書委員属性っぽい眼鏡っ子な新キャラ・ナツメグを加えた高音一行!
今回の高音は一味違うか!?

強キャラっぽく登場した高音たち!危うし、ネギパーティー!!


・・・・。


んなわきゃないですね(^-^;。
所詮は脱ぎキャラ

(いつものお約束。それが奴らのデスティニー)
最低でも刹那・楓を一時的にメインパーティーから分離できた刀子さんたちとは対照的に、誰にもかすり傷一つ負わせられないままアッサリ敗北、更に情報まで引き出されるという、何ともトホホな結果に・・。

でもまあ、高音たちは十巻でも、虚を付かれたとはいえネギ一人に瞬殺状態で退けられていますから、ナツメグを加え本気になったとはいえ、ネギが最も信頼するパートナーである明日菜とネギの師匠であり近接戦闘ではネギを遥かに凌ぐといわれる古のコンビと戦えば、こうなるのは当然っちゃ当然ですな。
おまけに、「実は隠し玉か!?」とちょっとは期待していたナツメグも実際はメイとあまり変わらないレベルの実力っぽいので、もとより高音たちに勝ち目はゼロだった、と。

そして今回、生粋の魔法使いである高音たちに対して猛威を振るったのが、我らがメインヒロイン・神楽坂明日菜の“マジックキャンセル能力”でした。
やっぱり“魔法防御”は絵的に映えます!

自らに降りかかる魔法を完全無効化してしまう、というこの能力!明日菜自身がこの能力を意識していない時は完全に無効化はできないので、不意打ちには対応できなかったり、記憶を消されるはずがパンツをけされちゃったりするなど弱点もある(重要なのは後者です^-^;)この能力ですが、この“弱点”も、『ドラクエ』のマホカンタなどの魔法無効化呪文の弱点が“常時魔法を弾いてしまうため味方の回復呪文も弾いてしまう”だったことを考えると、むしろ“長所”であるとも言えます。エヴァ師匠や修学旅行で襲い掛かってきた少年も、圧倒的なレベル差を誇る相手だったにもかかわらず、この能力のおかげで明日菜とネギのコンビにはかなりの苦戦を強いられました。
絵面が間抜けなのは気にするな!ボクとキミとの約束だ!

(最強魔法使いの防御障壁もなんのその!)
おそらく、明日菜の出生の秘密とも密接に関わってくるだろう、このマジックキャンセル能力。ただ、明日菜の出生考察については既に行っていますし、特に新しい設定が出てきたわけでもないので、今回は、単純にこの能力の圧倒的強さに燃えておきます(^-^。

また、
上のと同じ画像ですが・・・

この画像や今回の他のシーンを見るに、どうやら魔法無効化はアーティファクト(以下、“AF”)の“ハマノツルギ・大剣ver”にもかかっているみたいですね。この件に関しては、今まではハッキリとした描写が無かったのですが、今回のこれはかなり考察の根拠としては有力なのではないかな、と。
思えば、12巻の刹那戦で「気で強化したモップを簡単に切断した」のは、単にハマノツルギ大剣verの切れ味が良かったから、というのではなく、「気を無効化」していたのかもしれませんね。
『気』の強化を失ったタダの木製のモップなど、あのバカデカイ剣の前には一溜まりも無し



また、今回の明日菜のAFは最初こそハリセンverでしたが、途中から大剣verに変化しそれ以降はずっと大剣のままでしたね。また、それを振るう明日菜も、一切暴走することはありませんでした。
以前明日菜が「調子がいいと(大剣が)出るんだけど・・・」と言ったこと、またその「調子のいい」状態になったのが今回戦闘中だったことから考えるに、ハマノツルギ大剣verの安定発動の条件は“明日菜の闘争心の高まり”なのかもしれませんね。
ただ、それだと「モチベーション十分だったろうタカミチ救出作戦において何故発動しなかったのか?」の謎は残されたままなんですが・・・。まあ、何かこれはスルーしちゃっても良さそうな気はしています(^-^;。週刊連載の漫画なんて、小さな矛盾の一つや二つは出てきてナンボでしょうしね。


さて、今回の新出設定の一つとして、メイの持つ箒のAFの名称・性能が明らかになりましたね。名称は“オソウジダイスキ”、能力は「魔法全体化」のようで。
なんてトホホな名前・・・(^-^;

・・・。何ていうか、名前も相当トホホなんですが、能力も負けないくらいショボイですな(^-^;。
というのも、この『ネギま!』において、「単体が対象」という魔法はそもそもあまり存在しないんですよね。ネギの“武装解除”が複数の女の子の服を一気に剥いちゃってるシーンなんて普通に出てきますし。
やっぱり脱がされるデスティニー

上の画像はネギの“武装解除”の場面ですが、このように、全ての魔法は最初っから効果範囲内であれば普通に複数に効いちゃうんですよね。そしてパッと見、今回のメイの“武装解除”は単に「効果範囲がかなり広がった」だけな感じです。実際、「全体化」とは言っても離れた場所にいた古には全く届いてなかったみたいですし。要するに、この作品において「魔法全体化」というのがどれほど有効かは正直疑問である、と。
また、メイは常に杖を持たず、また魔法全体化が無意味である武道会でもこれを召喚していたことを見るに、このAFには他にも魔法発動体としての役割や強力な打撃武器としての使い道もあるようですが、本来後衛の彼女が強力な打撃武器を持っても卓越した戦士の前ではあまり意味が無いことは武道会で証明された通り。
う~ん、何て言うか、今の所悲惨な位ショボイAFなんですが、メイの箒(^-^;。最も、他にも何か能力があるかもしれないので、全国10万人くらいいそうなメイファンは、それを期待してくださいな。

因みに、最近の傾向から考えると信じられないくらいパンチラやお色気が多かった今回のバトル。高音さん意外も皆さん普通にパンチラしていらっしゃったからなぁ・・。
これは、作者の日記(7月1日)によると、「諸事情によりエロエロバトルになってしまった」との事。そして、次回は一般的な絵面になるそうなので、今回のお色気路線回帰はやはり所謂“高音補正”(←高音さんが出て彼女が脱ぐと、周囲の人間もそれに釣られて脱いだりパンチラするという、謎の補正効果^-^;)みたいですね。
ただ正直、広い読者層を確保したいなら、この漫画に限っては意味の無いパンチラは控えた方がいいかな、と僕としては思いますね。何しろ、ただでさえ誤解や偏見を持たれやすい作品なわけですし。


・そしてネギは
子供の目の前で煙草を吸うな!

やはりというかなんというか、タカミチが助けてくれそうな雰囲気ですね。まあ、当然か。

そして、タカミチの口から気になる情報が幾つか。
タカミチは一度チャオを追い詰めながら、一瞬の隙を付かれて龍宮に撃たれ敗北したのだとか。
龍宮の使う銃弾は「どんな達人も一発でアウト」な代物らしいですが、それはやっぱり世界樹パトロールで龍宮が使っていたあの銃弾の強化版、ということでしょうか。
まあ、それはいいでしょう。龍宮は確かに底知れない雰囲気をかもし出していますが、彼女は既に楓が引き受けることになっているので、単純に二人のバトルを楽しみに待ちます。
もっと気になること、それはさっちゃんの存在です。
タカミチの敗因は、チャオの「真の目的」を事前にさっちゃんから聞いていたため躊躇ってしまったのだとか。ということは、さっちゃんは間違い無く事前にチャオからその目的、更には魔法使いの存在などの世界の秘密も全て洗いざらい教えられていたことになるわけです。
つまり、ネギがヘルマン卿との戦いの後「僕はダメ教師でダメ魔法使い・・・」と悩んでいた時、既にさっちゃんは魔法使いについて全てを知っていた可能性が高いわけです。にも関わらず、それを一切感じさせず、更には明日菜に「平和の象徴」とまで言われるとは・・・。さっちゃん、マジで恐るべし!!今の所は出番の少ない彼女ですが、もしかしたらとんでもない所で意外な活躍をするかもしれませんね。
この笑顔は深いです、間違い無く!!

そして、もっと重要なことは、善意の塊みたいなさっちゃんが「世界を混乱に巻き込むようなチャオの計画を黙認していた」とう事実です。一応「実はさっちゃんは笑顔の裏に一物抱えた腹黒」という考え方も無いわけでもないですが、あの何を考えているかが窺い知れないような笑顔はむしろ彼女の精神年齢の高さを物語っているのでしょうから、その説は却下の方向で。
では、その“大人”なさっちゃんがチャオの計画を黙認した理由は、やはり「大人の深い思慮を以ってして考えれば、チャオの計画は“正しい”と言えるものだ」、という考え方が最も妥当かと。実際、心身共に大人なタカミチも「一瞬躊躇った」わけですから。
これは、この事件のクライマックスは『ネギもチャオの側に付く決意をし、魔法を全世界に広める』という所に着地する可能性も、かなり高まってきた感じですね。

因みに、子供の目の前で、しかも密室で煙草を吸っているタカミチは、個人的には「非常によろしくない」なぁ、と。うちの両親なんて人が運転している車の中で煙草吸うんですが、それが煙いのなんの!大迷惑です!!
密室で非喫煙者の前で煙草を吸うのは、大人のマナーとしてはなってないと思います。相手が子供ならばなおの事。
反省しなさい、タカミチ(`∧´!
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/25-9914bc81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楓の ネギま!ニュース+141時間目感想ブログまとめ 「2006年7月5日」

・ネギま! ニュース今日は雪広あやかの誕生日(赤松先生の誕生日でもあるけど)と言うことで最初は「あやか記事特集」●へたれゴージャス!雪広あやか [東京すずめ]ヴァンパイアコスあやか絵●今日は雪広あやかの誕生日 [すかーれっと航海中<日々研鑽>]●Happy Birthday 楓の箱リロLive対戦日記 あれ?購入日記かも【2006/07/09 12:41】

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。