Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近状についての雑記
今日の日記は、正しく「雑記の中の雑記」という感じでいきます!僕の性格上、「色んな話題を書く」とは言っていても、どうしても感想記事がメインになってしまいますので、たまにはこんな記事でも、ということで。

なんか、東京は今日一気に暑くなりましたね。昨日はエアコン付けたまま寝てしまったのですが、朝起きてエアコン切ってビックリしました。
気温は何と35℃!!あ、あり得ない(;>_<。30℃になれば「猛暑」な北海道生まれの僕には、かなり厳しいものがありますよ。
にしても、本当気温って急に上がったり下がったりするから困りますよね。もっと緩やかに変わってくれないものか。「地球に優しく」なんて言葉はよく聞きますが、地球ももう少し人間に優しければいいのに、と甘えた考えを思ってしまわなくも無い今日このごろです^-^;。(まあ人間は散々環境破壊してきたんで自業自得でしょうが)

只今『クロノトリガー』をPSで絶賛プレイ中です、っていうかトゥルーエンドは昨日観ました。
何故RPGなのか?というと、数ヶ月前に更新終了したと思われていたRPG大辞典がいつのまにやら復活していた事をつい最近知り、それを読んでいるうちに無性にRPGがやりたくなったからです。
なので、かねてから少々気になってはいたもののプレイする機会に恵まれなかったこの作品を、テストが終わったこの機会に・・・ということでした。
んで、プレイ内容ですが、やはり未だ多くのファンを持つ名作なだけありますね。本当に面白い。内容は正しく「アイディアを目一杯詰め込みました」みたいな感じで、しかもそのアイディアが尽く作り手のセンスに脱帽させられるものばかりです。このゲーム最大の売りである「強くてニューゲーム」も、ゲームの世界観や難易度・システムの全てがこれを上手に引き立てていて、本当に素晴らしい。あと、序盤の王国裁判は、RPGの「お約束」に対する痛快なパロディになってて思わず吹き出しました(^-^。
キャラもいいですね。特にカエルは最高!スタッフさんたちのセンスは素晴らしいですね。あんなキャラは中々できるもんじゃないです。あんな外見をして中身は典型的なオヤジ復帰型キャラ、というのがかなりツボでした。
なんかここ数日はかなりゲームにのめり込んでしまってましたが、まあ夏休みなんですし、たまにはこんなのもいいかな、という感じですね。もちろん、明日からはまた元に戻ってシャキッといきます。

あと、実はテスト終了直後に『マザー3』もプレイしました。テスト終了の勢いからか、何と二日でプレイ終了。卒論の骨組みを先生に提出する期限が迫っていたので、終了後にちょっと泣き見ましたが(とはいっても提出はそれほど厳格なものではなかったので、結局それも難なくクリアできましたが)。
んで、マザー3のゲーム内容ですが、マザー2と同じ感覚でやるとかなり泣きを見る高難易度でした。仲間の少ない序盤はザコも強いし、なんかザコはサウンドバトルが成功することを前提にしてるんじゃないかってくらい堅いし、そのサウンドバトルも難易度激高いし、終盤のボスは本当に鬼のような強さだし。どちらかというと、やはり高難易度だったマザー一作目を彷彿とさせます。
そしてシナリオの内容は、従来の牧歌的なものとはかなり異なり、相当エグかったですね。無論前作までの、人間の醜さみたいなのをコメディ調で表現するあの独特の世界観は健在なのですが、今回はかなりギャグが笑えなくなってる感じです。特に、今作の某博士は本当に笑えません・・・。
そして、物語のスケールも壮大だった前作とはうって変わって小さいですし、ラスボスバトルもなんか主人公の周辺の世界だけでこじんまりとまとまっちゃってる感じで、ラスボスバトルやそれをクリアしたエンディングも爽快感がイマイチ乏しい感じです。
でも、これが即ち「2に劣っているか」といえば必ずしもそうではないです。シナリオを通してやれば、「しっかり“マザー”してるな。という感じですし。今作は「2を超えるために作られた作品」ではなく「2とは全く違う世界観を構築するために作られた作品」と言った方がいでしょう。だから、2との単純な比較はナンセンスです。
そして、その3の世界観もかなり楽しめました。ただ、やっぱりイマイチ後味は良くないので、これからプレイしたい方はそこら辺注意、な感じで。

真島ヒロ先生が、今週号から新連載始めましたね。
気になる新連載は、なんと『フェアリーテイル』ということで、これは相当楽しみにしていたんですが・・・、読みきりとは全くの別物でした。「異種族間の相互理解」というテーマを明るく楽しく描いてくれたあの読み切り、本当に好きだったんだけどなぁ。
でも、登場人物が本当に元気一杯活き活きと動く真島テイストは健在だったので、これからの物語展開が楽しみです。個人的に、この人はまだまだ伸びる、むしろこれからな人だと思うので。

最後に予告を。
明日は『バルG』更新しようかなー、と思ってます。もうそろそろ前半のクライマックスですので、そこまで一気にいきたいです。今週はネギま!も無いですしね。
あとは、明後日はもういい加減マリみて最新刊の記事を書きたいですね。買ってそのまま、何か読む機会にめぐり合えずに一ヶ月以上放置してあるので。


クロノトリガー PS one Books


クロノトリガー PS one Books







MOTHER3


MOTHER3







ましまえん 1 (1)


ましまえん 1 (1)




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/46-4b59a868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。