Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ『武装錬金』 第一話所感
展開がやや早めで、ほぼシナリオは原作通りですね。
蛇の教師がまひろがいるにも関わらず校門を勢いよく閉めるシーンをカットしたのは、大分前ですが同様の死亡事故があったからかな?まあ作者もそれをあえて意識してあのシーン描いたんでしょうけど、流石に公共の電波で流すのはちょっとキツかったみたいですね。

んで、出来は今のところ『中』という感じでしょうか。ホムンクルスの恐ろしさの表現とか、斗貴子さんのスパルタンぶりとかは深夜番組であることを上手く利用できてますけど、ちょっと展開が早すぎて全体的にアッサリし過ぎてしまってる感は否めないかと。あと、効果音で特にホムンクルスの台詞が聞き取りにくくなっているのは、早急に要改善だと思います。
その反面、武装錬金の表現は秀逸で、特にバルスカは感嘆ものでした。原作では作者が苦戦していた武器だけに、スタッフさんも気合を入れたのでしょう。また、愛すべきキャラクターたちの描写にも、関係者一同の作品に対する愛が見えました。単行本で作者自らが語っていた『キャラのニュアンス』みたいなものが、よく再現できてると思います。三バカトリオの役割分担、斗貴子さんの某凄腕の剣客のような鋭く凛々しい表情と、たまに見せる女性らしい優しさどなど、「こうしてほしい!」という所にしっかりと手の届いたキャラ描写してますね。

なので、今のところはまだ不満点も少々ですが、これから期待できるアニメかと。これからレギュラー番組にするかは、他の二本同様、これから数週間観てみて決めます。


あと、実は本編より気になったのが(^-^;)、CMにあった『バルドフォース』のOVA情報です。当初の予定が三月発売だったので、実に半年以上遅れてのリリース!遅れた分どれほどのものが仕上がっているのか、純粋に期待したいところです。
これは是非何とか観て、二次創作を書いている者として、しっかり感想も書きたいと思います。全32章という(自分で言うのも何ですが)クソ長い物語を最後まで書き続けてきたのも、原作が本当に面白く、僕の創作意欲を激しく掻き立てたからに他ならないので。








武装錬金 1 (1)
武装錬金  (1)
和月 伸宏
集英社
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/87-2fbbfdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:武装錬金/#1 新しい命

品質評価 26 / 萌え評価 22 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 14 / お色気評価 6 / 総合評価 16レビュー数 148 件 少女を救おうとした少年・武藤カズキは、化け物に胸を貫かれるが、翌朝、何事もなかったかのように目を覚ます。訝しむカズキは放課後、化け物に ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/09/02 15:58】

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。