Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔法先生ネギま』タイムリー感想 152話

こんばんわ(^-^!まいどお馴染み、ネギま!記事です。
最近はあまり考察点も無く、そもそもこの漫画を「考察するぞ!!」って肩肘張って読むとあまり楽しめないことに最近気付いたので、今回からは「タイムリー“感想”」にコーナー名を変更いたします。
とはいっても、やることは全く変わらないので、今までの形が好きだった方もご安心くださいね(^-^。

因みに、アニメ『武装錬金』なんですが、昨日ちょっと早めの時間に寝てしまい(しかも12時間以上寝続けた・・・)、まあぶっちゃけ見逃しました。
僕としてはこの番組はレギュラー化させたい感じなので、来週はきちんと観て感想も書く予定ですし、二話も何とかするあてが無いわけじゃないので観れたら観て感想書くつもりです。

ではいつも通り、「READ MORE」にて本文へ!








魔法先生ネギま! (15)
魔法先生ネギま! (15)
赤松 健
講談社


●龍宮VSネギパーティー!
復活したネギ率いる一行に、早くも分厚い壁が立ちはだかりました!その名も・・・龍宮真名!!
修学旅行では最重要局面で頼もしい味方となって現れた龍宮ですが、今回は同じく最も重要な局面で、逆に恐るべき敵として登場した彼女。「昨日の友は今日の敵」!31人ものヒロインキャラが登場する『ネギま!』ならではの、群像劇展開ですね。

作中で楓が言った通り、狙撃手の任務は長時間に及ぶ事も多いらしく、その場合狙撃手は排泄物を服の中に垂れ流しにするのだそうです。・・・・いや、ちょっとトリビア書いてみただけです(汗)

そして、龍宮の口から気になる発言が。
彼女がチャオの味方をするのは金で雇われたからというだけではなく、彼女自身がチャオの考えに賛同したから、とのこと。
彼女自身が10巻で語ったところによると、彼女は昔マギステル・マギのパートナーとして数多くの実戦経験を重ねてきたのだ、とのこと。そして、その相手の魔法使いは死んでしまったのだとか。
この話は後に龍宮自身がぼかしたため、ウソかホントか、全くのウソではないとしてもどこまでが本当かはまだわからないですが、仮にもし全部本当だったとするならば、彼女がチャオの考えに共感するに至った動機として、「龍宮のパートナーだった魔法使いは、一般人の目の前での戦いを強いられ、魔法を使えなかったことが原因で戦死した」ということがあったとも考えられます。
もしこの予想が当たったならば、龍宮の過去や正体が語られるのも、遠い先のことではないのかも。
まあ、「単に、魔法使いに関わった経験のある者として、一般人の前で魔法が使えたら楽だったのになぁ、と常々考えていた」だけな可能性もありますが・・・。

そして、龍宮の語りを聞いた際、夕映の何かを考えるコマがありました。

左のコマ注目。何気に普段からキリッとした表情の夕映は、実は結構カッコイイと思う

これはもちろん、夕映が考え付いた「チャオを止めるための論理的根拠」に関係があるのでしょうね。
そして、おそらく、夕映はこの場面、心の中できっと「その論理的根拠」を用いて龍宮に反論を行っているはずです。何故なら、この場で龍宮の言い分を退けられるような論理でなければ、チャオに対し正当性を唱えることなぞ到底不可能でしょうから。
として、この龍宮の言い分にさえ対抗できる論拠ということは、夕映の考えた論理的根拠とはつまりは「彼女らが如何に正論を叫ぼうともネギに一切の迷いを抱かせないような論理」なわけですから、正解が以前僕が考えたものである可能性は高まったと思われます。
というわけで、「夕映がネギに伝えようとした“論理的根拠”とは何か?」に対する僕の予想は、「もしチャオたちを止めなければ、計画の結果にかかわらず、チャオたちは“麻帆良学園にとっての敵”となってしまう」でファイナルアンサーです。
実際、龍宮は「ネギに対して恥じることはしてない」と言っていますが、現実に彼女がやっていることは、自分の所属する団体に対して主張を通すために話し合いではなく暴力に訴える、という、いわば自分の所属する団体への裏切り行為であり彼らに対するテロリズムであるので、十分に「麻帆良学園に対して汚い裏切り行為をしている」と言え、同時に「ネギに対して恥ずべきことをしている」とも言えると思います。


●そして、あの人たちに遂に動きが・・・
最初期からのメインキャラでありながら、魔法の世界からハブられつづけて幾星霜・・なあの二人に、遂に、遂に大きな動きがっっ!!


千雨のAF能力も公開!!

千雨のアーティファクト、「電子世界に潜る能力」の発動に巻き込まれた二人。これは、遂に、遂にこの時が来たのでしょうか。いいんちょ・まき絵の魔法バレの時がっっ!!
この二人の動向、見逃せなくなってまいりましたね!

そして、ここら辺にもキャラのポジション変動の動き?
昨日始めて祐奈の声を聞き、イメージとのあまりの違いにびびったごぜんです(汗)

最近祐奈が目立ってます。ちょっと前ならば想像だにしなかったくらい、あり得ないほど目立ってます!!(酷)
これは、以前にも書いたように、「祐奈メイン入りの前のプロモーション」と見てもいいんでしょうかね?


最後に・・・
高音と愛衣の例もありましたし・・・

シャークティって先生だったの!?てっきり生徒(高校生)だと思ってました。
ついでに、ずっと“シャクティー”だと思ってた・・・(汗)。


※画像の出典:『魔法先生ネギま!』 赤松健/講談社

スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/96-d44665e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法先生ネギま! 152時間目 キミだけを狙い撃ち

衝撃的展開が続く魔法先生ネギま!次々に倒される仲間たち!果たして今週生き残るのは誰だ!?ネギま第152時間目のツッコミネタバレ感想です。生き残ったわずかな戦力を結集し、進軍するネギ・パーティ!! いけさんフロムFR・NEO RE【2006/10/13 02:38】

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。