Endless world -咬龍の庭-
このページは、僕の好きなゲームや漫画、テレビ、そして日常の出来事などのことをつれづれなるままに書いていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良さはそれぞれ

久しぶりにお金にかなり余裕ができたので、昨日、ニンテンドーDSを秋葉原で探しまわってかなり安い値段で手に入れ、ついでにFFⅢも買ってきました。
FFⅢは、Ⅹまでやった僕のFF暦の中で唯一やった事が無かった『穴』とも言うべき作品であり、友人たちの中にも「FFはⅢが最高傑作」と言う人がちらほらいたので、いつかはやってみたいと強く思っていた作品でした。故に、手に入れた喜びもひとしお。帰って早速プレイしましたよ。

そして、まだ序盤ですが、少し触れてみた所感としては、「思った通り面白いなぁコレ(^-^!」といったところでしょうか。
最近の万人に向けて作られたゲームとはまたちょっと雰囲気が違っていて、ちょっと寄り道をすると場違いに強いモンスターが出てきて瞬殺されたり、逃げなくてはならないボスに向かっていくとやっぱりとんでもなく強力な攻撃の前に瞬殺されたり、今のところ戦士の攻撃よりも弓矢を装備した黒魔道士の直接攻撃の方が強かったりと、中々今では考えられないようなゲームバランスしてます。ヒントも少なく自動的に目的地へ運んでくれるようなイベントも乏しいので、しっかり町の人の話を聞き自分の足で世界を回る必要があるのも、今のゲームとは違う点ですね。ですが、その違いが面白いです!
これらは正しく「古き良きレトロゲームの醍醐味」であり、その世代だった僕としても懐かしさを覚えます。
最近、一部で「レトロゲームブーム」なるものが起きているそうですが、なるほど、最近のゲームには無いこういった“レトロゲームならではの面白味”を求める人たちの気持ちも、この『FFⅢ』をプレイしていたら、なんかわかるような気がしてきました。
(FFⅢはリメイク作品なので、正確には『レトロゲーム』じゃないのかもしれませんが)

でも、最近クリアした『ゼノサーガ』も、僕の中では、こうした古き良きレトロゲームと比べても遜色なく、心から楽しめた作品でした。
確かにレトロゲームと比べたら、システム的な理不尽さや意外性、自分の足で探索する面白味は乏しかったかもしれません。しかし、よく練られた戦闘システムや成長システムは安定した楽しさがありましたし、そして何より、最新の技術を使ったグラフィックの美しさは本当フィールドを歩いているだけでも常に目を楽しませてくれました。
低い自由度も、代わりに、長編アニメ映画にも匹敵する重厚なストーリーと演出によって一度ぐいぐいとストーリーに引き込まれれば全く気になりませんでした。可愛らしい女の子キャラや美しい女性キャラ、逞しい男性キャラや憎々しい悪役キャラたちの際立つ個性は、彼らに感情移入を用意にすることで更にストーリーが楽しめるようになっていました。

以前に比べると大分収まってはきた感もありますが、それでもまだ最近もしばしば、我々レトロゲーマー世代の間では、最新の技術を用いたこの『ゼノサーガ』の様なゲームは、色々もっともらしい理屈を付けられて貶められがちです。「グラフィックだけ進化して、肝心のゲーム性は退化している」、「ゲームとして大切な事を見失っている」などなど、これらの最新ゲームを評する意見を皆さんもよく聞いたことがあるでしょう。
しかし、本当に最近のゲームはレトロゲームに劣るのでしょうか?僕はこれら二つの対照的なRPGをプレイして、「そんなことは決して無い!」ということを実感しました。
レトロゲームにはレトロゲームの良さ、面白さがあります。同じく、最新のゲームには最新ゲームの良さ、面白さがあるのです。それを一概に一括りにし、同列に比べて語ることは、ちょっと間違っている気がします。
爬虫類と哺乳類は進化の直線状にあり、爬虫類よりも哺乳類の方がなるほど確かに「進化した」生物ですが、爬虫類と哺乳類は今や全く別種の生物です。哺乳類の方が優れているところもあれば、爬虫類の方が優れている部分もあります。哺乳類にとって住めない場所に爬虫類が楽々適応できる、なんてこともあるでしょう(僕は生物学の知識が乏しいので、この一文には多々の間違いがあるかもしれませんが)。
ゲームも、それと同じものではないでしょうか。確かに『ゼノサーガ』のような今のゲームは『FFⅢ』のようなレトロゲームから生まれたのかもしれませんが、最早それは完全な別種族。ゼノサーガの方が優れているとも、逆にFFⅢの方が優れているとも言えるものでは無くなっているような、そんな気が僕にはしてなりません。

そして、人には「向き不向き」というものもあります。
最新のゲームのお上品な在り方が肌に合わない人も当然いるでしょう。でも、そういう人は覚えておいてほしいです。自分が最新のゲームを楽しめなかったのは、最新のゲームがクソなのではなく、かといって自分の感性がおかしいなどというわけでもなく、単に「合わなかっただけ」なのだということを。そんな、誰も悪くないようなことで、勝手に「悪役」を自分の中に創り上げてしまい、他者の批判の労力を費やすのは、時間とエネルギーの無駄であり、その人にとってもいいことではない思いますから。
僕も、『サガシリーズ』は、結構新しい作品(『サガフロ2』)と、リメイクですが一応レトロな作品(『ロマサガ』)をやってみましたが、どっちも楽しめずに挫折しました。でも、それは単に僕にサガシリーズが合わなかっただけだと割り切って考えています。そして、いつかサガシリーズを楽しめるようになったらいいな、楽しめるようになったらもう一度挑戦してみたいな、とも。

レトロな作品に至上的な価値を置く「懐古主義」的傾向は、何もゲームに限ったことではなく、漫画や映画、音楽の世界にもちょっと前からよく見られますね。でも、それだって結局は同じ事なんだと思います。古きものも新しきものも、良いものは良いんです(^-^!!
そして、僕がこれらのことについて、一つ自信を持って言える事があります。
「今はいい時代になったなぁ」と。
何故なら、最新のゲームやレトロゲームといった、“良い物”の価値のあり方がいくつもあり、その中から自分の好みに合わせて好きに選べる、そんな時代になったのですから(^-^。










ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジーIII
Nintendo DS
スクウェア・エニックス









ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき] 特典 プレミアムDVD「Xenosaga alle spezielle
ゼノサーガ エピソードIII [ツァラトゥストラはかく語りき] 特典 プレミアムDVD「Xenosaga alle spezielle
PlayStation2
ナムコ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gozen1020.blog69.fc2.com/tb.php/99-3627de72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



プロフィール

ごぜん

Author:ごぜん
現在社会人として東京都心の企業に勤めている。出身地は北海道。
一人っ子。故に(?)わがままでせっかちなところがある。趣味はドライブと創作作品鑑賞。ただし基本的に超インドア。
話すのが大好きだが、上手なわけではい。



フリーエリア

このページはリンクフリーです。



フリーエリア

総計 アクセスカウンター 今日 アクセスカウンター 昨日 アクセスカウンター



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。